牝馬最強伝説の幕開けはここから!!エアグルーヴ
2016年11月25日 更新

牝馬最強伝説の幕開けはここから!!エアグルーヴ

ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナと近年牡馬と互角に渡り合う牝馬の 活躍が目立つ。これらの女傑も偉大だが、その扉を開いた馬がいる。それがエアグルーヴだ。牝馬が牡馬に混じってG1を勝つことができるのはせめてマイルまで、そんな時代に天皇賞を制し、牡馬と互角のレースを繰り広げたエアグルーヴの軌跡を追っていきたい。

1,428 view
グルっ仔blog:エアグルーヴ (1594415)

エアグルーヴは
父トニービン
母ダイナカール
母のダイナカールはオークスを制しており、その産駒のエアグルーヴはデビュー前から期待が高かった。

大器の片鱗

エアグルーヴのデビュー戦は2着だったが、そこから順調に勝ち進み、特に2勝目をあげたいちょうステークスはもしかしたら、これがエアグルーヴの一番強いレースでは?と思えるぐらい、絶望的な位置からの差し切り勝ちだった。この勝利でさらに評価を上げたエアグルーヴだったが、暮れの2歳女王決定戦では、ビワハイジに敗れ2着と女王の座を逃してしまう。

3歳の女王へ

エアグルーヴは年明け初戦を桜花賞のトライアル、チューリップ賞とし、このレースで
今度はビワハイジに5馬身差をつけて勝利。桜花賞の大本命に推されるが、熱発で桜花賞を回避、仕切り直しのオークスでは桜花賞馬ファイトガリバーを退け、勝利。母ダイナカールとともに母娘2代のオークス制覇を成し遂げたのであった。

ゴール前、ペリエがガッツポーズするほどの完勝でした。

挫折と復活

秋になり、エアグルーヴは秋華賞にぶっつけ本番で挑む、圧倒的一番人気に支持されるも10着と惨敗。敗因はパドックでのフラッシュ撮影攻撃だという噂も立つが、骨折をしていたことが判明。休養に入ることになる。
復帰は翌年の夏になり、牝馬限定のマーメイドステークス、牡馬を交えての札幌記念を連勝する。そして、牝馬同士の戦いではなく、牡馬を相手とする天皇賞秋に挑むこととなる。
【最強ヒストリー】 エアグルーヴ 第9話 | 【おウマの玉手箱】 | スポーツナビ+ (1594409)

牡馬を交えたチャンピオンへ

天皇賞秋でエアグルーヴはバブルガムフェローに続く2番人気に支持される
メンバー的にも強敵は昨年の覇者のバブルガムフェローのみ
エアグルーヴは最後の直線でバブルガムフェローに馬体を併せ
見事に競り落とし、牝馬にして17年ぶりの天皇賞制覇を成し遂げたのであった。

年度代表馬に選出

エアグルーヴは続くジャパンカップも世界の強豪相手に2着、有馬記念も3着とし
秋のG1レースを牡馬と互角以上にわたりあった。この実績が認められ、年度代表馬に
選出される。牝馬の選出はトウメイ以来、26年ぶりの受賞となった。
JRA50周年記念サイト (1594406)

出典 jra.jp

牡馬との戦いは続く

翌1998年も現役続行のエアグルーヴは、産経大阪杯を順調に勝ち上がる。
しかし、続く鳴尾記念は格下のサンライズフラッグの2着に敗れてしまい、宝塚記念も3着、
春シーズンはサイレンススズカの登場もあってか、少し影を潜めた形となってしまった。
Turfに魅せられて・・・(写真紀行) (1594404)

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

名牝の新しい価値の見出し方!ビワハイジ

名牝の新しい価値の見出し方!ビワハイジ

名牝と聞くとどうしても競走成績に目が行きがちで 牡馬に混じってG1レースをいくつも勝ったであったり 海外のG1を制覇したであったりしたというところに注目しがちである。 しかし、名牝の価値はもう一つあり、それは産駒の成績。 そこに注視すれば、ビワハイジは間違いなく名牝であることがわかる。
hirokibulk | 966 view
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る
ナベゲン | 7,293 view
長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,350 view
『中央競馬史上最強牝馬』名牝馬12選:メジロラモーヌ・ノースフライト・ニシノフラワー・シンコウラブリイ・ヒシアマゾン・エアグルーヴほか

『中央競馬史上最強牝馬』名牝馬12選:メジロラモーヌ・ノースフライト・ニシノフラワー・シンコウラブリイ・ヒシアマゾン・エアグルーヴほか

中央競馬史上初の牝馬三冠馬のメジロラモーヌから「マイルの女王」ノースフライト、「女帝」エアグルーヴ、37年ぶりの牝馬での有馬記念を制覇したダイワスカーレット、64年ぶりの牝馬でダービーを制覇した史上最強牝馬のウオッカなど、名牝馬12頭をおさらいしてみましょう。史上最強決戦のウオッカとダイワスカーレットの激戦(ハナ差)など伝説の決戦動画が満載です。
トントン | 24,794 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト