歌を聴くとなんだか頑張れる気持になる。心にストレートに響くバンド『19』
2016年1月18日 更新

歌を聴くとなんだか頑張れる気持になる。心にストレートに響くバンド『19』

岡平健治と岩瀬敬吾によるデュオと、ヴィジュアル・プロデュースと作詞を担当するイラストレーターの326(ミツル)とのコラボレーション・ユニットで当時は、大人気でした。

3,406 view

19(ジューク)

バンド『19(ジューク)』

バンド『19(ジューク)』

日本のフォークデュオ。岡平健治と岩瀬敬吾によるデュオ。デビュー当初は326(みつる)がビジュアルプロデュースと作詞を担当するメンバーとして参加していた。ネオ・フォークの生みの親]。2002年3月解散
メンバーは、
岡平健治(おかひら けんじ)

岡平健治(おかひら けんじ)

ボーカル、ギター、ハープ担当。現在は3B LAB.☆Sメンバーであり、ソロ活動も行っている。

広島県呉市出身。
岩瀬敬吾(いわせ けいご)

岩瀬敬吾(いわせ けいご)

ボーカル、ギター、担当。現在はソロで活動中。

広島県賀茂郡黒瀬町(現:東広島市)出身。
326(みつる)本名:中村満。

326(みつる)本名:中村満。

ビジュアルプロデュース、作詞担当。現在は本業であるイラストレーターとして活動している。

佐賀県佐賀市出身。
19のデビュー曲はこちらです。
1stシングル『あの青をこえて』 (1998年11月21日)

1stシングル『あの青をこえて』 (1998年11月21日)

あの青をこえて/19 - YouTube

作詞:326 作曲:イワセケイゴ
出典 youtu.be

大ヒットとなった曲『あの紙ヒコーキ くもり空わって』

1999年春にTBSテレビの「1999・春」キャンペーン・ソングに2ndシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」が起用されたことによりヒット。そのことがきっかけで、TBS系列『うたばん』内で注目の若手枠に出演。
2ndシングル『あの紙ヒコーキ くもり空わって』

2ndシングル『あの紙ヒコーキ くもり空わって』

1999年に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。その際、326は応援に登場し、19が歌うバックには326によるイラストが掲げられた。これが決定打となり、当時ゆずを中心に復興を遂げていたフォークは「ネオ・フォーク」と言う新ジャンルとして認知されるようになる。

「あの紙ヒコーキ くもり空わって」 - YouTube

紅白の時の映像
出典 youtu.be
326と『あの紙ヒコーキ くもり空わって』のちょっとしたエピソードを紹介します。
326は、「あの紙ヒコーキ‐」が大ヒットした人気絶頂時、3億円ほどを稼ぎ出していたと推定されるが、実際には「手取り10万円いくかいかないか」だったことを告白。当時所属していた事務所には「芸能界は大変な世界で、売り出すのにお金がかかる」と言われ、納得していたとも話した。
この曲凄くいい曲で何度も聴きました。芸能人の方でもこの曲で励まされた人はいるようです。

3ndシングル~解散までを振り返る。

3rdシングル「すべてへ」ではオリコンチャート1位を記録。以降、事実上326はメンバーを脱退。それまでフォーク色の強かった作風が、ロックテイストのものに変化していく。
当初は3人組で売り出した19だったが、いつのまにか、事務所の方針で2人組ユニットに。敬吾と共作で手がけていた作詞についても、「『これはちょっとどうだろう、敬吾(の作詞)ってことで…』ということはありました」と内情を326は明かした。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

福岡を根拠に活動した心響く熱いロックンロールバンド『アンジー』

福岡を根拠に活動した心響く熱いロックンロールバンド『アンジー』

ボーカルの歌声とサウンドと純文学的ぽい歌詞が、青春パンクぽくとても懐かしい感じで、元気を貰えます。
星ゾラ | 14,961 view
スーパーボイスを持つボーカルとテクニックが凄いギターリスト二人組ロックバンド『BEREEVE』 

スーパーボイスを持つボーカルとテクニックが凄いギターリスト二人組ロックバンド『BEREEVE』 

CMをきっかけにメジャーデビューを果たし、出す曲の多くがテレビなどで使われました。ボーカルの歌声を聴くとハマる事間違いなしのバンドです。
星ゾラ | 2,608 view
ボーカルの笹野みちるの力強い歌が魅力的なバンド『東京少年』

ボーカルの笹野みちるの力強い歌が魅力的なバンド『東京少年』

らんま2分の1のエンディング曲を歌った事でも有名です。ボーカルの様々なジャンルを扱った歌詞がとても良かったです。
星ゾラ | 13,052 view
永遠のロックバンド『黒夢』彼らのパフォーマンスに目が離せない!!

永遠のロックバンド『黒夢』彼らのパフォーマンスに目が離せない!!

清春の特徴ある歌声やバンドの存在感が人気を呼んだグループ。メンバーが脱退し、2人で活動していましたが多くのファンを集めました。
星ゾラ | 7,840 view
独特な居心地のいいサウンドを作り出すバンド『ホフディラン』

独特な居心地のいいサウンドを作り出すバンド『ホフディラン』

二人組のバンドで、彼らの作り出す音楽はPOPな感じで楽しい曲が多い。
星ゾラ | 3,155 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト