マイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファー
2020年2月17日 更新

マイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファー

類稀なる勝負根性でGIを3勝した馬・ヤマニンゼファー。彼の父はマイルの皇帝と呼ばれたニホンピロウイナー。そんな父の最高傑作との呼び声も高いヤマニンゼファーは、それまでGIレースを勝ったことのなかった2人のジョッキーを男にしたことでも知られています。今回はマイルの皇帝ニホンピロウイナーの最高傑作・ヤマニンゼファーをご紹介します。

302 view

後継者誕生

 (2168147)

1988年5月27日、マイルの皇帝ニホンピロウイナーとヤマニンポリシーとの間に1頭の牡馬が生まれる。後に父の最高傑作とも呼ばれることになるヤマニンゼファーの誕生です。父・ニホンピロウイナーはマイルの皇帝とも呼ばれGIレースで3勝を挙げた快速馬。母・ヤマニンポリシーは未出走ながら祖母・ヤマホウユウをわざわざアメリカまで連れていき、ブラッシンググルームを付けて誕生した馬なのです。ブラッシンググルームは優れたスピードを伝えるブルードメアサイアーとしても非常に優秀で、ラムタラやテイエムオペラオー、マヤノトップガンなどを輩出しています。まさにヤマニンゼファーはスピードを重視して配合された馬なのです。

遅れたデビューと低評価での快勝劇

1990年8月に美浦・栗田博憲厩舎に入厩したヤマニンゼファーでしたが、入厩直後に骨膜炎を発症して放牧に出されてしまいます。12月に再入厩するも骨膜炎が長引き、結局デビューは翌年の3月までずれ込んだのです。そのデビュー戦も新馬戦終了間際で調整不足を承知の上で出走することになります。

そんなヤマニンゼファーのデビュー戦は、1991年3月9日の中山競馬場、ダート1200mの新馬戦。脚への負担を考慮してダートのレースへの出走となります。調整不足ということもあり、この日のヤマニンゼファーは単勝69.1倍で16頭立ての12番人気という低評価。しかしレースでは後方待機から中山の短い直線で前を行く1番人気のネヴァーソングを捉え、2馬身差をつけて快勝したのです。ヤマニンゼファーは低評価をあざ笑うかのような快勝劇でその能力の片鱗を見せつけたのでした。

格上挑戦で自信を深める

 (2168148)

デビュー戦を快勝したヤマニンゼファーは続く2戦目もハナ差ではあったものの勝利を収め連勝。この勝利を受け調教師の栗田はゼファーの高い能力を認め、3戦目に芝の短距離重賞・クリスタルカップを選択します。レースでは単勝4番人気ながら3着と好走したヤマニンゼファー。次の目標を6月のラジオたんぱ賞に定めていましたが、再度骨膜炎を発症し休養を余儀なくされます。

10月に復帰したヤマニンゼファーは、復帰初戦で7着に敗れたものの復帰2戦目を勝利で飾ります。ここで調教師の栗田は格上挑戦でGI・スプリンターズステークスの挑戦を決断。レース当日はさすがに相手が揃い16頭立ての10番人気という低評価でしたが、7着と一定の走りを見せたヤマニンゼファー。この走りに栗田はGIレースでも通用すると自信を深めたと言います。そして次の目標を翌年のGI・安田記念に定めたのです。

低評価での戴冠

第42回安田記念 ヤマニンゼファー 田中勝春G1初制覇!

目標を安田記念に定められたヤマニンゼファーは、準オープンクラスを2戦で卒業し、いよいよ重賞初制覇をかけて安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップに挑みます。このレースからコンビを組むことになったのが当時まだ4年目の若手だった田中勝春。このレースはダイイチルビーやダイタクヘリオスなどの強豪馬が揃ったこともあり、ヤマニンゼファーは13頭立ての単勝8番人気という低評価。しかしレースでは勝ち馬から半馬身とクビ差の3着に好走します。

そして迎えた本番、GI・安田記念。ダイタクヘリオスやダイイチルビーなどの強豪馬が揃ったとはいえ、この日のヤマニンゼファーはまたしても18頭立ての単勝11番人気という低評価に甘んじます。しかしレースではこの低評価をあざ笑うかのように最終コーナーからスパートをかけて直線半ばで先頭に立つとそのまま後続の追撃を凌いで見事初GI初制覇を成し遂げたのです。この勝利はコンビを組んだ田中勝春にとっても初のGI制覇となりました。

秋の目標をマイルチャンピオンシップに定め夏場を休養に充てられ、迎えた秋初戦はセントウルステークス。単勝2番人気の支持を受けますが、レースでは前を行くマイスーパーマンを捕まえきれず2着に敗れてしまいます。続いて迎えた本番、マイルチャンピオンシップは3番人気での出走となりましたが輸送による食欲不振の影響などもあり、ダイタクヘリオスに完敗の5着。なかなか思い通りのレースができません。体制を立て直して出走したスプリンターズステークスは、4番人気ながら直線で先頭に立ちあと少しというところでニシノフラワーに差されてしまいクビ差の2着。これでこの年のレースを終えます。

1992 スプリンターズS ニシノフラワー

新コンビでの戴冠

将来の種牡馬入りを見据え調教師の栗田は種牡馬としての価値を高めるためこの年の最大目標を天皇賞(秋)に定めようと計画していました。そして迎えた始動戦は2月のマイラーズカップ。ヤマニンゼファーの距離適性を見極めるため、相馬眼に定評のある田原成貴を鞍上に迎えます。マイラーズカップを2着、続く中山記念を4着としたヤマニンゼファーでしたが、鞍上の田原成貴は「この馬なら中距離でも大丈夫」とのジャッジをしたため、正式に目標を天皇賞(秋)にすることが決定しました。

春の目標は安田記念の連覇に置かれていたため、次のレースは京王杯スプリングカップに決まります。鞍上は主戦の田中勝春が騎乗停止中だったため、柴田善臣と新コンビを組むことになりました。レースは2番人気でしたが、1番人気のシンコウラブリイに1馬身半差をつけての快勝。当初はこのレースのみの代打騎乗の予定でしたが主戦の田中勝春が所属厩舎のセキテイリュウオーへの騎乗が決まっていたため安田記念も柴田善臣とのコンビ継続が決まります。

前哨戦を勝利し、勢いを持って臨むこととなった春の目標、安田記念。昨年のスプリンターズステークスでクビ差敗れたニシノフラワーが1番人気でヤマニンゼファーはそれに次ぐ2番人気の支持を受けていました。レースは逃げるマイネルヨースの2番手に付け、直線で早々と先頭に立つとそのまま押し切り横綱相撲の完勝でこのレースの連覇を達成。見事GI2勝目を挙げたのです。このレースの勝利は鞍上の柴田善臣にとって初のGI勝利となり、田中勝春に続きまたしても鞍上に初GI勝利をプレゼントすることになります。

ヤマニンゼファー 安田記念 2連覇

悲願の天皇賞(秋)制覇

ヤマニンゼファー 天皇賞(秋)

春を安田記念連覇で締めくくったヤマニンゼファーは、この年も夏場を休養に充て大目標である天皇賞(秋)に備えます。秋の始動戦は天皇賞(秋)の前哨戦、毎日王冠。レースは2番人気に支持されたヤマニンゼファーでしたが、安田記念同様先行策を取った結果、直線失速して6着に敗れてしまいます。この結果を受けても調教師の栗田は天皇賞(秋)挑戦の意思を変えませんでした。スタミナ強化を図るためヤマニンゼファーに厳しい調教を課したのです。

迎えた大目標・天皇賞(秋)では、大本命と見られていたメジロマックイーンがレース4日前に故障引退し、本命不在の大混戦の様相を呈していました。ヤマニンゼファーにとっては大本命がいなくなり、これ以上願ってもないチャンスの到来です。しかし、前哨戦での不甲斐ない敗戦でこの日も単勝5番人気。1番人気は押し出される形でライスシャワーとなっていました。レースは最終コーナーで早々に先頭へ躍り出ると中団から抜け出してきたセキテイリュウオーとの300mにわたるマッチレース。一旦はセキテイリュウオーが前に出ますが、ヤマニンゼファーはそこから馬体を併せてそのままゴール入線。写真判定の末、ハナ差でヤマニンゼファーが勝利をもぎ取りました。馬体を併せたヤマニンゼファーが類稀なる勝負根性でハナ差競り勝ったのです。まさに執念の勝利でした。父・ニホンピロウイナーも果たすことができなかった天皇賞(秋)制覇という偉業を息子のヤマニンゼファーが見事に果たしたのです。

天皇賞(秋)制覇の後、スプリンターズステークスに出走したヤマニンゼファー。1番人気の支持を受けますが、圧倒的なスピードで駆け抜けたサクラバクシンオーの前に2馬身半差の2着完敗。このレースを最後にヤマニンゼファーは引退します。

1993 スプリンターズS サクラバクシンオー

引退後

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

死の淵を彷徨った遅咲きの名馬、3強の一角・マーベラスサンデー

死の淵を彷徨った遅咲きの名馬、3強の一角・マーベラスサンデー

1996年の有馬記念、1997年の天皇賞(春)でサクラローレル・マヤノトップガンと共に名勝負を繰り広げ3強の一角を担った馬・マーベラスサンデー。デビュー前に疝痛をこじらせ死の淵を彷徨ったこの馬は、後に宝塚記念を制し、GI馬へと成長します。今回はそんな遅咲きの名馬・マーベラスサンデーをご紹介します。
concorde | 296 view
GI未勝利ながら主役級の輝きを放った名女優・ダイナアクトレス

GI未勝利ながら主役級の輝きを放った名女優・ダイナアクトレス

みなさんはダイナアクトレスという名女優がいたことをご存知だろうか。同期のメジロラモーヌという3冠怪物牝馬の存在により陰に隠れがちでしたが人気・実力共に主役級の輝きを放った名牝です。繁殖牝馬としてもステージチャンプ・プライムステージという重賞馬を輩出し、輝きを放ちました。今回は名女優・ダイナアクトレスをご紹介します。
concorde | 173 view
ファンに愛されたブロンズコレクター!3年連続有馬記念3着・ナイスネイチャ

ファンに愛されたブロンズコレクター!3年連続有馬記念3着・ナイスネイチャ

GIには手が届きませんでしたが、ファンに愛され続けた馬がいます。彼の名はナイスネイチャ。3年連続暮れのグランプリレース・有馬記念で3着と健闘し、ブロンズコレクターという競走馬としては有難くないキャッチフレーズを付けられ、ファンに愛された馬です。今回はそんな愛すべき馬・ナイスネイチャについてご紹介します。
concorde | 402 view
競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

通算勝利数は4100を超え、GI勝利も地方・海外含め100勝以上挙げている競馬界の生ける伝説・武豊。そんな彼に初めてのGI勝利をもたらした馬がスーパークリークです。天才・武豊が初めて惚れ込み、誰にも渡したくないとまで言った馬。今回は1980年代後半に巻き起こった第二次競馬ブームを牽引した馬・スーパークリークをご紹介します。
concorde | 470 view
同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

クラシックの有力候補として常に人気を背負い続けてきた馬・メジロライアン。あと一歩というところでなかなかGIに手が届かない彼を応援するファンの数は同期のスターホース・メジロマックイーンより多かったかもしれません。今回はそんな記録よりも記憶に残る馬・メジロライアンをご紹介します。
concorde | 579 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト