JRA【藤田菜七子】女性騎手誕生! 過去のJRAのおネエちゃん騎手を成績と画像で振り返る
2016年11月25日 更新

JRA【藤田菜七子】女性騎手誕生! 過去のJRAのおネエちゃん騎手を成績と画像で振り返る

今JRAで話題の【藤田菜七子】女性騎手!地方競馬では、けっこう女性騎手はいるようですが、JRAでは【藤田菜七子】を含めて7人しかいません!しかも、現在は【藤田菜七子】だけが現役。

14,583 view

藤田菜七子 2016年〜

藤田菜七子

藤田菜七子

今、話題の藤田菜七子さん、日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生した女性ジョッキー、藤田菜七子騎手ですが、川崎競馬でデビューした。計6レースに騎乗し、2着が最高。

JRAでのデビュー戦でも2着!!
“菜七子人気”のおかげか、デビューから9、5、10着の同馬は過去3戦で13、13、10番人気だったが、この日は単勝7・4倍で16頭立ての3番人気に。スタート直後は好位~中団から競馬を進めた。見せ場は直線で外に持ち出してからだ。グイグイと末脚を伸ばして勝ち馬に迫ったところがゴール。JRAデビュー戦でいきなり2着。見事に連対を果たした。直線の追い上げにはスタンドから大歓声。中央競馬のファンの前で、早くも“話題先行”ではないことをアピールしてみせた。
早くもCMデビュー

早くもCMデビュー

早くも、CMデビューとのことで。JRA以外での活躍も期待できそうですね。
騎手免許取得前から注目されてきたJRA・藤田菜七子騎手(18)が「エリエール」ブランドの大王製紙の“elisブランドショートムービー”に起用された。21日からelisWebサイト上で公開される。同ブランドのスローガン「前を向く、女性のそばに。」を体現する女性として白羽の矢が立ち、密着取材を受けていた。

西原玲奈(2000年〜2010年)

西原玲奈

西原玲奈

2000年3月1日に騎手免許を取得し須貝彦三厩舎に所属。初騎乗は3月4日、中京競馬第2競走のリブレットで、13頭立ての11着だった。初勝利は同年3月25日中京競馬第7競走で、キンザンウイニングに騎乗してのものであった。デビュー9戦目の勝利は女性騎手としての最速記録である。
2002年6月2日中京競馬第5競走で、キタサンアルダーンに騎乗して障害戦に初挑戦。しかし落馬して競走中止。右足脛骨骨折、腓骨骨折、腰椎圧迫骨折という重傷を負ってしまった。このとき引退も囁かれたものの、約1年後に復帰した。復帰後の初勝利は武豊との叩き合いを制しての勝利だった。

出典 西原玲奈 - Wikipedia

通算成績

通算勝利 JRA589戦17勝・地方65戦7勝

2010年1月1日付で所属をフリーランスから梅田智之厩舎へと所属を変更したが、騎手免許の更新を行わず2月28日をもって引退すると発表され、前日27日が現役最後のレース騎乗となった。3月1日より所属する梅田厩舎の調教助手となった。梅田厩舎ではショウナンマイティなどの調教を担当している。
西原玲奈

西原玲奈

板倉真由子(1997年〜2001年)

板倉真由子

板倉真由子

中学卒業後に競馬学校騎手課程を受験するも二次試験まで通過したが最終試験で不合格。この年の合格者にはJRA史上初の女性騎手となる牧原由貴子(現姓・増沢)、細江純子、田村真来が含まれており、「史上初」と「競馬学校花の12期生」の一員を逃す結果となった。
翌年再受験し合格。騎手課程第13期生として入学した。同期には武豊の実弟・武幸四郎や、勝浦正樹、板倉と同世代の武士沢友治、同じく女性の押田純子らがいる。また、この時は板倉や武士沢と同世代の柴山雄一も2度目の入学試験を受けていたが、不合格となった。

出典 板倉真由子 - Wikipedia

通算成績

通算成績は246戦1勝(うち障害5戦0勝)

以降は美浦の前田禎厩舎の調教助手を経て、手塚貴久厩舎で調教厩務員を務めている。

押田純子(1997年〜2000年)

押田純子

押田純子

競馬学校に13期生として入学。同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、松田大作、武士沢友治らがいる。初騎乗は1997年3月1日、阪神競馬第1競走でワンダーレベルワンに騎乗し、13頭立ての13着。同年6月7日、中京競馬第1競走でアワーデッドラブに騎乗し初勝利。湯浅三郎厩舎に1997年から2000年まで所属し、2000年2月29日付で引退。

出典 押田純子 - Wikipedia

通算成績

通算成績は158戦2勝

引退後は持ち乗りの調教助手に転向。担当馬の一頭により勝利とGI競走への挑戦を経験した。当時調教助手だった清水久詞(のちに調教師となる)との結婚が決まり、2001年12月20日付で退職した。

競馬学校花の12期生

そのおもな由来は、10人のなかに「馬事公苑花の15期生」出身の名騎手、福永洋一の息子・祐一がいたことにある。ほかにもJRA史上初となる女性騎手が3名いたり、同じくJRA所属騎手同士では初の双子の兄弟がいたりするなど話題が多く、デビュー前から競馬マスコミによって大きく取り上げられた。
この中に出てくる女性メンバーは

田村真来
細江純子
増沢由貴子
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!!

競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!!

競馬ファン集まれ!もっとも印象に残っている馬と言えば? この馬で勝った!この馬で負けた!思い出の馬について語ろう!
締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

締切間近!?元ミニスカポリスの宮内知美がMCを務める「競馬好き飲み会」が5/24(水)に開催!

2017年5月24日(水)19時から東京カルチャーカルチャー・渋谷で第2回『競馬好き飲み会』を開催!競馬仲間との新たな出会い!仲間を増やして競馬をもっと楽しもう!
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

トウカイテイオーはシンボリルドルフの代表産駒である。 皇帝ルドルフの子が帝王というネーミングとは裏腹にシンボリルドルフの絶対的な強さに比べ、トウカイテイオーは強さと脆さ両方持ち合わせていた。しかし、それがまた彼の人気を高める要因でもあった。
hirokibulk | 3,110 view
芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。
hirokibulk | 1,678 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト