とてもメンバーを覚えられないほどの天下無敵の大所帯バンド「シカゴ」
2016年7月25日 更新

とてもメンバーを覚えられないほどの天下無敵の大所帯バンド「シカゴ」

大所帯バンドでありながらメンバーの入れ替えも激しいため、在籍したメンバーはなんと総勢17名にも及びます。時代と共にメンバーも音楽性も変わっていきますが、シカゴのロゴだけはいつの時代も変わらず、アルバム・ジャケットで楽しませてくれます。

2,854 view

70年代のシカゴ

Chicago

Chicago

シカゴは、1969年にデビューし現在も現役で活動しているモンスター・バンドです。
デビュー当時は、「ブラス・ロっク」の先駆的な存在でしたが、徐々に音楽性は変化し80年代にはラブ・バラード路線で数々のヒット曲を生み出しました。

シカゴのアルバムの売り上げ枚数は、売れも売れたり、その数なんと1億2200万枚!
大ヒット曲あり、隠れた名曲ありでシングルは2006年時点で57曲。アルバムは2014年時点で38枚にものぼります。

最初のヒットは、1970年の「25 Or 6 To 4(邦題: 長い夜)」で、この曲は世界的に大ヒットしました。

Chicago - 25 or 6 to 4

「長い夜」は、セカンド・アルバムからのシングル・カットです。セカンド・アルバムの正式なタイトルは「シカゴ」なのですが、2枚目ということでシカゴII(Chicago II)としてとおっています。

ところでシカゴは、デビュー・アルバムから3作連続で2枚組のアルバムを発表しています。
デビュー・アルバムが2枚組ということだけでも異例といえると思いますが、3作連続となると、おそらく他に例をみないことでしょう。
それほどクオリティが高い曲を量産できたということですね。
シカゴII (シカゴと23の誓い)

シカゴII (シカゴと23の誓い)

1970年リリース
価値観を一変させた1曲が入っているシカゴ2はロックおやじにとっての座右の銘盤なのです。「ぼくらは何処へ」から「約束の地」まで、迷走することなく一気に駆け抜けて到達してしまうころ、ウインディシティの風にゆらぐことはない確固たるバンドの生命力みなぎる強靭な躍動感を感じるのでした。
ところで、シカゴというと気になるのがアルバム・ジャケットですね。
特徴的なシカゴのロゴを使って手を変え品を変えして毎回楽しませてくれています。

因みにこのロゴは、アートディレクターの指示により意図的に「コカ・コーラ」のロゴに似せて作らせたそうですよ。
シカゴIII

シカゴIII

1971年リリース
シカゴ・アット・カーネギー・ホール

シカゴ・アット・カーネギー・ホール

1971年リリース
シカゴV

シカゴV

1972年リリース
シカゴVI (遥かなる亜米利加)

シカゴVI (遥かなる亜米利加)

1973年リリース
シカゴVII (市俄古への長い道)

シカゴVII (市俄古への長い道)

1974年リリース
シカゴVIII (未だ見ぬアメリカ)

シカゴVIII (未だ見ぬアメリカ)

1975年リリース
出典 wmg.jp
シカゴIX (偉大なる星条旗)

シカゴIX (偉大なる星条旗)

1976年リリース
シカゴX (カリブの旋風)

シカゴX (カリブの旋風)

1977年リリース
シカゴXI

シカゴXI

1978年リリース
きりがありませんね。
このようにロゴを使ったアルバム・ジャケットが延々と今日まで続くわけですからスゴイとしか言いようがありません!
よくネタ切れしないものだと感心します。

ジャケットも素晴らしいですが、シカゴはその間にも数々のヒットを飛ばしています。

Chicago - Saturday In The Park (1973)

サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)はアルバム「シカゴ V」収録曲です。
ビルボードで第3位を記録し、アルバムは第1位になりました。

Chicago - If you leave me now - 1977 (HQ)

アルバム「シカゴX(カリブの旋風)」収録の全米第1位の大ヒット曲です。
1976年の曲ですが、初期の豪快さは影を潜め繊細さが際立ってきています。時期的にAORがブームとなっていましたから上手くシフト・チェンジ出来たということなのでしょう。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

100万ドルの声を持つ男【ピーター・セテラ】その透き通る歌声に酔いしれてみましょう

100万ドルの声を持つ男【ピーター・セテラ】その透き通る歌声に酔いしれてみましょう

元シカゴのボーカルとして一躍有名になったピーター・セテラ。この記事ではその後のソロ活動で残した名曲を中心に振り返ってみたいと思います。ほんとに美しい歌声なので、是非音源とともに聴き直してみてくださいね。
つきねこ | 542 view
日本では、ビートルズやローリング・ストーンズを通じてその存在が知られるようになった「チェスレコード」。そこはもう名盤の宝庫です!

日本では、ビートルズやローリング・ストーンズを通じてその存在が知られるようになった「チェスレコード」。そこはもう名盤の宝庫です!

チェスレコードといっても日本では今でも一般的にはあまり知られていないと思いますが、所属ミュージシャンの曲をきけば、それはもう名曲、名盤の宝庫。ビートルズやローリング・ストーンズを始めとして多くのミュージシャンがカバーした曲がワンサカありますから、ロック好きを自認するのであれば、チェスレコードを知らなければモグリですよ!!
obladioblada | 382 view
カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

1936年のシカゴを舞台にした映画「スティング」。主人公はなんと詐欺師です。この詐欺師たちが詐欺師を詐欺にかけるという何とも詐欺な映画です。どんでん返しの連続に目を離すことができないエンターテインメントそのものといった感じの映画で、アカデミー賞を7部門も獲得している名作中の名作です。
obladioblada | 1,861 view
松山千春、デビュー40周年の全編弾き語りコンサートで熱唱!20年ぶりに武道館の単独公演!!

松山千春、デビュー40周年の全編弾き語りコンサートで熱唱!20年ぶりに武道館の単独公演!!

松山千春が8日、東京・北の丸公園の日本武道館でデビュー40周年記念公演を行った。会場には、約1万人のファンが集まり、39年ぶりの弾き語りを披露した。武道館の単独公演は1996年以来、約20年ぶりとなる。
red | 657 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト