自由へと向かい、常に全力で疾走し続ているレニー・クラヴィッツ
2017年1月19日 更新

自由へと向かい、常に全力で疾走し続ているレニー・クラヴィッツ

自身のヒット曲「自由への疾走」そのままに、1989年のデビューから今日まで走り続けているレニー・クラヴィッツ。90年代に発表した1960〜1970年代の音楽を強く意識した音作りの楽曲群は今聴いても全く古びていません。そんなレニー・クラヴィッツのデビューから1998年までをご紹介します。

771 view

Lenny Kravitz

レニー・クラヴィッツ

レニー・クラヴィッツ

出生名:レナード・アルバート・クラヴィッツ
生誕:1964年5月26日
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州
ジャンル:ロック、ハードロック、ファンク、ポップス
活動期間:1989年~
レニー・クラヴィッツは1964年のニューヨーク生まれですが、1974年にロサンゼルスに移住しビバリーヒルズ高校に入学しています。
この高校の同級生にガンズ・アンド・ローゼズのギタリストのスラッシュがいたというから何ともすごい話ですね。

その後、高校は中退し、セッションミュージシャンをしながらデモテープをレコード会社へ売り込むという下積み生活が始まります。

そしてヴァージン・レコードと契約できたのが1989年で、デビュー・アルバム「レット・ラヴ・ルール」をリリースすることになります。

Let Love Rule

デビュー・アルバムにしていきなりの傑作!本作が一番好きというファンも多い「レット・ラヴ・ルール」です。

曲の素晴らしさは勿論ですが、ホーン以外の全ての楽器をレニー・クラヴィッツが演奏しているという才能の持ち主でもあります。

サウンドは最新というよりも60年代から70年代を思わせるシンプルさが特徴ですが、古臭さは全くなく普遍性を感じさせるものです。
レット・ラヴ・ルール

レット・ラヴ・ルール

1989年リリース

【収録曲】
1. シッティング・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド
2. レット・ラヴ・ルール
3. フリーダム・トレイン
4. マイ・プレシャス・ラブ
5. アイ・ビルド・ディス・ガーデン・フォー・アス
6. フィア
7. ダズ・エニィバディ・アウト・ゼア・イーヴン・ケア
8. ミスター・キャブ・ドライバー
9. ローズマリー
10. ビィ
11. ブルース・フォー・シスター・サムワン
12. エンプティ・ハンズ
13. フラワー・チャイルド
レニーのセンスは普通に人にはわかりにくい。しかしレニーはあえて普通の人にも聴かせるようにしてくれている。
そんな才能だらけのレニーがデビューで爆発したのがコレ。
全曲素晴らしいセンス。ロックかソウルか?ブルースか?様々なバックグラウンドが見えかくれするが、すべてすんなり心の中に入ってくる。
珠玉の一枚とはこのことだ。

Lenny Kravitz - Let Love Rule

Mama Said

デビューの翌年1990年にマドンナのシングル「ジャスティファイ・マイ・ラヴ」を共作し話題となりました。

Madonna - Justify My Love (video)

更に1990年に行われたデヴィッド・ボウイのアメリカ公演「サウンド・アンド・ヴィジョン・ツアー」で前座に抜擢されています。

マドンナにしてもデヴィッド・ボウイにしても流行や新人などを見抜く力は桁外れとはいえ、当時人気実力共に絶好調だった二人が同時にデビュー1年の新人を起用したということは驚きです。
それほどの才能を感じ取ったのでしょうね。

そのような状況の中、1991年にリリースされた2作目のスタジオ・アルバムが「ママ・セッド」です。
本作は全世界でヒットし脚光を浴びることに。
収録曲「オールウェイズ・オン・ザ・ラン」は高校時代の同級生スラッシュとの共作でプロモーション・ビデオにもスラッシュは参加しています。
ママ・セッド

ママ・セッド

1991年リリース

【収録曲】
1. ホワット・ザ・ファック
2. フィールズ・オブ・ジョイ
3. オール・アイ・エバー・ウォンテッド
4. イット・エイント・オーバー・ティル・イッツ・オーバー
5. モア・ザン・エニシング・イン・ジス・ワールド
6. ホワット・ゴーズ・アラウンド・カムズ・アラウンド
7. ディフェレンス・イズ・ホワイ
8. オールウェイズ・オン・ザ・ラン
9. スタンド・バイ・マイ・ウーマン
10. ストップ・ドラッギン・アラウンド
11. フラワーズ・フォー・ゾーイ
12. フィールズ・オブ・ジョイ
13. ホエン・ザ・モーニング・ターンズ・トゥ・ナイト
14. バタフライ
黒人にしかできない音楽。それもジミヘンともプリンスとも違う、
正統ロックでの黒人音楽の素晴らしさ。
全曲いい。曲の配列もいい。収録時間も短いし、通して聴くべし。
当初から流行とは全く違うスタイルだったため、
今聴いても全く色褪せない。

Lenny Kravitz - Always On The Run

Are You Gonna Go My Way

1993年リリース3作目のスタジオ・アルバム「自由への疾走」です。泣く子も黙る大ヒットアルバムですね。
タイトル曲はグラミー賞の最優秀ロック・ソング賞と最優秀ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた名曲です。
この曲は日本でも人気が高く、「日本オラクル」「日産」「スズキ・アルトワークス」「アサヒ・ウィルキンソン タンサン」「グリコ ポッキー」のCMに使用されています。

また、ビデオゲームのBGMや、テレビ番組「みのもんたの朝ズバッ!」のオープニングテーマに使用されたりもしています。
それだけキャッチーな曲ということでしょうね。
自由への疾走

自由への疾走

1993年リリース

【収録曲】
1. 自由への疾走
2. ビリーヴ
3. カモン・アンド・ラヴ・ミー
4. 悲しみの十字架
5. ジャスト・ビー・ア・ウーマン
6. 愛ある日々を
7. ブラック・ガール
8. マイ・ラヴ
9. シュガー
10. シスター
11. エルーセリア
『Are You Gonna Go My Way』こんなにインパクトある曲はそうそうないでしょう! ガツンとやられるコト間違いなし。対照的な『just be a woman』この曲の切なさも泣ける。自由に疾走するレニーを堪能できるアルバムです。

Lenny Kravitz - Are You Gonna Go My Way

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

パンクロックバンド「アナーキー」の元ギタリスト、逸見泰成(へんみ やすなり)さんが4日に死去していたことが分かった。57歳だった。
ギター・マガジン2017年6月号は、チャック・ベリー追悼特集!

ギター・マガジン2017年6月号は、チャック・ベリー追悼特集!

ロックンロールを創り上げた巨人の偉業を112ページの大ボリュームで徹底的に掘り下げた永久保存版が発売! ロックの神様「チャック・ベリー」を特集したギタリストは必ず手にしたい1冊となっています!
80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

カリスマヴォーカリスト、オジー・オズボーン。彼が1980年代、ブラック・サバス脱退後、オジー・オズボーンバンドを結成してから発掘した、当時、世界的には無名に近かった3人の凄腕ギタリスト「ランディ・ローズ」「ジェイク・E・リー」「ザック・ワイルド」についてご紹介します。
gogo-one | 17,319 view
【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

【20世紀の偉大なギタリスト】ジミヘン、クラプトン洋楽G10人と布袋さん、HIDEなど邦楽G5人

 シンガーの次は、ローリングストーン誌の「100人の偉大なギタリストたち」を参考に、国内外のギタリストに焦点を当ててみます。洋楽はローリングストーン誌内からですが、邦楽は…これまた悩みましたが5人の方を…。そしてまたまた動画だらけになると思います…ご了承ください。
Yam | 15,483 view
80年代のギタリスト!Char 竹中尚人

80年代のギタリスト!Char 竹中尚人

ギタリストのピークをサッカー選手と同じ20代後半と考えると80年代を代表するギタリストはChar 竹中尚人♪アイドル的売り出し方をされてもロックギタリストの座を死守しました。現在も活躍中♪

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト