才能が開花する前、アイドル時代の「竹内まりや」が好きだ!
2018年2月26日 更新

才能が開花する前、アイドル時代の「竹内まりや」が好きだ!

デビュー当時はアイドル的な扱いだった竹内まりやは、自作曲をほとんど発表していません。そのかわり作家陣は、山下達郎をはじめとして、加藤和彦、細野晴臣、大貫妙子、林哲司、伊藤銀次に杉真理などとんでもない実力者ぞろいなんです。しかし、それより何より、彼らが提供した曲を歌う竹内まりやがカワイイ!

8,759 view

竹内まりや

ニューミュージック界で、ユーミンと並ぶ歌姫と言えば、それはもう「竹内まりや」。
竹内まりや

竹内まりや

出生名:竹内 まりや
生誕:1955年3月20日
出身地:島根県簸川郡大社町

活動期間:1978年 ~現在
デビュー当初はアイドル的に売り出された竹内まりやでしたが、その巨大な才能は夫となる山下達郎によって開花させられ、一流のアーティストとして今日に至っています。
山下達郎の功績は大きいわけですが、ちょっと待ってください。アイドル時代の竹内まりや。これが実にイイんですよ!
デビューから結婚するまでの竹内まりやを振り返ります。

BEGINNING

竹内まりやのデビューは1978年11月25日、シングル「戻っておいで・私の時間」、アルバム「BEGINNING」です。
BEGINNING

BEGINNING

1. グッドバイ・サマーブリーズ
2. 戻っておいで・私の時間
3. 夏の恋人
4. 輝くスターリー・ナイト
5. 目覚め (Waking Up Alone)
6. ジャスト・フレンド
7. 突然の贈りもの
8. おかしな二人
9. ムーンライト・ホールド・ミー・タイト
10. サンタモニカ・ハイウェイ
11. すてきなヒットソング
アイドルといっても、ジャケットからも伺えるように、普通の女子大生といった感じですね。ヒットはしなかったものの、デビュー曲の「戻っておいで・私の時間」は伊勢丹のCMタイアップという恵まれたスタートを切っています。

戻っておいで私の時間

作詞:安井かずみ
作曲:加藤和彦
アレンジ:瀬尾一三
作曲はPOP職人の加藤和彦ですね。良い曲です。が、この曲はDr. Buzzard's Original Savannah Bandの”I'll Play The Fool"と”Cherchez La Famme”にそっくりだという情報があります。
では、聴いてみましょう。

Dr. Buzzard's Original Savannah Band - Cherchez La Femme

続いて「I'll Play The Fool」です。

Dr. Buzzard's Original Savannah Band - "I'll Play The Fool" 1977

う~ん、なるほど。このアイデアは加藤和彦なのかアレンジャーの瀬尾一三なんでしょうか?それにしてもDr. Buzzard's Original Savannah Bandとは。一般に知らないですよね。良く探してくるものだと感心します。さすがプロといったところでしょう。

UNIVERSITY STREET

1979年5月21日発売のセカンド・アルバム「UNIVERSITY STREET」。ジャケット写真が最高です!こんな大学生活がおくれると楽しいだろうなと思わずにはいられません。
UNIVERSITY STREET

UNIVERSITY STREET

1. オン・ザ・ユニヴァーシティ・ストリート
2. 涙のワンサイデッド・ラブ
3. 想い出のサマーデイズ
4. イズント・イット・オールウェイズ・ラブ
5. ホールド・オン
6. J-Boy
7. ブルー・ホライズン
8. ドリーム・オブ・ユー~レモン・ライムの青い風~
9. かえらぬ面影
10. グッドバイ・ユニヴァーシティ
セカンド・シングルは「ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜」で、アルバムにも収録されていますが、音源が違います。シングルの方がポップでいい感じですよ。

ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜

作詞:竜 真知子
作曲:加藤 和彦
アレンジ:瀬尾一三
で、この曲がまた加藤和彦作曲、瀬尾一三アレンジなのですが、巷ではDONNA SUMMERの「I REMEMBER YESTERDAY」に激似といわれております。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代、小柳ルミ子はアイドルでした。そして、その当時の安井かずみといえば、アイドルに作詞を提供する超売れっ子。ただ、小柳ルミ子は演歌を歌うんですね。安井かずみと演歌は結びつかない。しかし曲を聴いてみると相性は良かったようですよ。
obladioblada | 480 view
青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

あいざき進也というと、どうしても二番手というイメージがあり、多くを語られることが少ないように感じます。勿体ない。彼が70年代に発表したシングルは青春の香りがする名曲揃いなんです。
obladioblada | 416 view
ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

80年代を代表するアイドルのひとり、河合奈保子を特集した1982年発行の雑誌「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」が、このたびデジタル写真集として配信をスタートしました。
隣人速報 | 11,522 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 47,096 view
懐かしい!芸能界意外なカップル達の愛の行方

懐かしい!芸能界意外なカップル達の愛の行方

芸能界、有名人同士の結婚で最も意外だったカップル4組。みんながびっくりした結婚時の懐かしい画像。その後の愛の行方を追ってみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト