【スタイル・カウンシル】パンクのカリスマから80年代お洒落サウンド仕掛け人へ。ポール・ウェラーの音楽的変遷。
2016年7月11日 更新

【スタイル・カウンシル】パンクのカリスマから80年代お洒落サウンド仕掛け人へ。ポール・ウェラーの音楽的変遷。

ポップはもちろんジャズやソウル、ファンクなどあらゆる音楽を取り込んでスタイリッシュに昇華させ、80年代のお洒落人間の御用達ミュージックとして絶大な人気を誇ったスタイル・カウンシル。オーガナイザーであるポール・ウェラーはパンク・ヒーローからなぜ変遷していったのか?そして、80年代と見事にリンクしたスタイル・カウンシルの音楽の魅力とは何だったのか?

25,500 view

The Style Council - My Ever Changing Moods - YouTube

1984
そして、同年3月にはファースト・フルアルバム『カフェ・ブリュ(Cafe Bleu)』を発表。この洗練されたアルバムは大きな評価を受け、彼らの人気は確固としたものになった。
カフェ・ブリュ(Cafe Bleu)』

カフェ・ブリュ(Cafe Bleu)』

収録曲
ミックス・ブレッシング - Mick's Blessings
ザ・ホール・ポイント・オブ・ノー・リターン - The Whole Point of No Return
ミー・シップ・ケイム・イン - Me Ship Came In!
ブルー・カフェ - Blue Café
ザ・パリス・マッチ-The Paris Match
マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ-My Ever Changing Moods
ホワイトハウスへ爆撃 - Dropping Bombs on the Whitehouse
ゴスペル - A Gospel
ストレングス・オブ・ユア・ネイチャー - Strength of Your Nature
ユーアー・ザ・ベスト - You're the Best Thing
ヒアズ・ワン・ザット・ガット・アウェイ - Here's One That Got Away
ヘッドスタート・フォー・ハッピネス - Headstart for Happiness
カウンシル・ミーティン - Council Meetin

The Style Council - Head Start for Happiness - YouTube

初来日の思い出

スタイル・カウンシルは1984年4月、アルバイト情報誌「FROM A」が冠スポンサーとなった「LIVE ALIVE'84 明日のスーパースターたち」というライブ・シリーズの一貫で初来日を果たした。東京公演は新宿・厚生年金会館だった。ポール・ウェラーは、黒のダブルのスーツにオールバックのヘアスタイルで登場。直前に腕を骨折していて包帯でつっての登場だったのを覚えている。スタイル・カウンシルに熱狂する新しいファンと旧ジャム信者のため息が入り交じった初来日公演だった。
 (1705968)

不朽の名盤!人気を決定づけた2ndアルバム『アワ・フェイバリット・ショップ(Our Favourite Shop)』

1985年リリースの2ndアルバム「『アワ・フェイバリット・ショップ(Our Favourite Shop)』は初の全英No.1を獲得。スタイル・カウンシルの人気を決定づけた1枚だった。
「アワ・フェイバリット・ショップ - Our Favo...

「アワ・フェイバリット・ショップ - Our Favourite Shop」

1. Homebreakers
2. All Gone Away
3. Come To Milton Keynes
4. Internationalists
5. A Stones Throw Away
6. The Stand Up Comics Instructions
7. Boy Who Cried Wolf
8. A Man Of Great Promise
9. Down In The Seine
10. The Lodgers (Or She Was Only A Shopkeeper's Daughter)
11. Luck
12. With Everything To Lose
13. Our Favourite Shop
14. Walls Come Tumbling Down
15. Shout To The Top (USA Remix)
曲はメロディアス、サウンドはお洒落、しかし詞は過激というポール・ウェラーらしさが前面に出たアルバムだ。シングルにもなった「シャウト・トゥ・ザ・トップ!(Shout to the Top!)」は、サッチャー政権下で炭鉱ストが巻き起こっていた時の労働者階級の若者の怒りを歌ったものと言われている。(アルバムにはボーナス・トラックとして収録される)

The Style Council - Shout To The Top - YouTube

Music video by The Style Council performing Shout To The Top. (C) 1984 PolyGram Video International
そして、このアルバムからの代表曲はこちら!「ウォールズ・カム・タンブリン・ダウン!(Walls Come Tumbling Down!)」

The Style Council - Walls Come Tumbling Down! - YouTube

Music video by The Style Council performing Walls Come Tumbling Down!. (C) 1985 Polydor Ltd. (UK)
そして、1986年にはポール・ウェラーとD.C.リーの結婚が発表された。

3rdアルバム『コスト・オブ・ラヴィング(The Cost Of Loving)』」

1987年にリリースされた3rdアルバム『コスト・オブ・ラヴィング(The Cost Of Loving)』は、全英アルバムチャート2位のヒット作に。日本でも大ヒットし、スタイル・カウンシルの変わらぬ人気を見せつける形となったが、アルバムの評価としては前作『アワ・フェイバリット・ショップ(Our Favourite Shop)』を最高傑作と推す声は多い。
当時の流行発信基地「渋谷WAVE」(レコード・ショップ)では1000枚以上を売り上げたというから驚きだ。
『コスト・オブ・ラヴィング(The Cost Of L...

『コスト・オブ・ラヴィング(The Cost Of Loving)』」

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バブル期におしゃれ街道をひた走った「ザ・スタイル・カウンシル」

バブル期におしゃれ街道をひた走った「ザ・スタイル・カウンシル」

イギリスのパンクバンド、ザ・ジャムのリーダーだったポール・ウェラーがジャム解散後に結成したスタイル・カウンシル。本国よりもバブル期に日本のおしゃれ好きに支持されました。
obladioblada | 3,575 view
新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 1,716 view
祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

40年前にパンク・ムーヴメントを背景にデビューしたポール・ウェラーも、今年で59歳。ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルを経て、ソロになって以降も素晴らしい作品を作り続けている、我らがモッド・ファーザー!最新作『A KIND REVOLUTION』を発表したこのタイミングで、これまでリリースされたシングルの中から、名曲の数々を振り返ってみましょう!
Gaffa | 1,112 view
UKパンクの最重要バンドにして世界最高峰のビートバンド、ザ・ジャムの魅力はライブにあり!

UKパンクの最重要バンドにして世界最高峰のビートバンド、ザ・ジャムの魅力はライブにあり!

パンク・バンドとしてデビューしながらも、幅広い音楽性を取り入れUKロックの歴史を塗り変えてしまったザ・ジャム。その最大の魅力はライブ!ザ・ジャムのデビューから解散までを音と映像でリアルに追体験できる「ファイヤー・アンド・スキル」と「アバウト・ザ・ヤング・アイデア+ライヴ・アット・ロックパラスト 1980」をご紹介します。
obladioblada | 2,473 view
ジミヘンからスプリングスティーンまでがカバーした日本ではあまり知られていないボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」の聴き比べ

ジミヘンからスプリングスティーンまでがカバーした日本ではあまり知られていないボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」の聴き比べ

サイケの時代にもグラムの時代にも、AORの時代にもパンクの時代にも、グランジの時代にさえもその第一人者からカバーされ続けるボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」。日本では余り知られていないこの曲は、2004年にイギリスの音楽評論家が「デイリー・テレグラフ」で行った「ベスト・カヴァー・ソングTOP50」で堂々の第1位となっているんです。
obladioblada | 636 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト