【赤堀元之】故障と戦い続けたバファローズの守護神
2016年11月25日 更新

【赤堀元之】故障と戦い続けたバファローズの守護神

1990年代、150km/h近い速球を軸に、そこから出し入れする縦・横のスライダーを武器に近鉄バファローズの守護神として活躍した赤堀元之投手。晩年は怪我と戦い続けた彼の球歴を振りかえる。

6,312 view

高卒入団後すぐ1軍入り

赤堀元之投手は、静岡高校から1988年のドラフト会議で近鉄バファローズに4位指名されて入団。
高卒1年目で早くも1軍登板を果たし、。1990年はオールスター明けから一軍に定着。
4勝1セーブを挙げるなどプロ野球選手として順調なスタートを切るのです。
 (1558184)

1991年シーズンは開幕から吉井理人と共ににストッパーとして起用されていましたが、6月16日の西武戦で石毛宏典選手が打った打球を右手に受けて骨折。シーズンの大半を棒に振る事となりました。

リーグを代表するストッパーに

故障から復帰した92年シーズンは、赤堀投手にとって飛躍の年となりました。ストッパーの吉井投手が故障で抜けた事もあり、代わって抑え役として登板。すると開幕時から好投し、西武と優勝争いをするチームを支える存在となっていくのです。初めて選出されたオールスターでは、第3戦で3イニングを無走者に抑え、優秀選手賞を受賞するのです。

1992年 赤堀元之投手のオールスター戦での投球

出典 youtu.be
リリーフとして登板し、セーブを積み重ねていくと共に、気がつけば赤堀投手は、リリーフ投手ながら、あと少しで規定投球回数に達成しようとしていました。最優秀防御率のタイトルを狙える状況になった事もあり、シーズン終盤に先発として登板。先発としても好投を見せて規定投球回数に届いた事によって、最終的に、防御率1.80の成績で最優秀救援投手に加え、最優秀防御率のタイトルを獲得するのです。
 (1558192)

赤堀投手は、翌年の93年、94年と3年連続の最優秀救援投手のタイトルを獲得。セリーグの石毛投手、佐々木投手らと共に日本を代表するストッパーとなっていき、1993年のオフには4000万円増の年俸1億2000万円(推定)で契約を更改しています。
 (1558195)

故障との戦い

登板過多と故障に悩まされるのはストッパーの宿命ですが、赤堀投手も例外ではありませんでした。95年シーズンは、右肩痛、背筋痛、左足ふくらはぎ痛など繰り返し故障を発症。28試合に登板して1勝8敗13セーブと成績を大きく成績を落としました。
ただ、不振のままでは終わらず、翌年見事に復活。96・97年と2年連続で最優秀救援投手を獲得。
6年間で5度も最優秀救援投手に輝いた赤堀投手は1億8500万円(推定)近鉄初の複数年となる2年契約を結ぶのです。
 (1558185)

ところが、疲労は蓄積していたのか、98年シーズンは、右肩の故障と腰の張りで開幕一軍入りは果たせず、一軍復帰したのは6月下旬。その間にチームの抑えを努めていた大塚投手が好調だった事もあり、赤堀投手は中継ぎ、先発として登板していきます。
翌99年はキャンプ中から先発投手として調整。開幕以後登板した2戦で2勝をあげるなど、順調な滑り出しでしたが、4月末に右ヒジ関節周囲炎と右足首捻挫を理由に一軍登録を抹消。更に精密検査をうけると、右ヒジ靱帯の断裂が発覚。再建手術を受け、以後過酷なリハビリの日々を過ごす事になるのです。
復活勝利を伝えるスポーツ紙

復活勝利を伝えるスポーツ紙

2年近くのリハビリの後、赤堀投手は2001年4月8日の対オリックス戦に先発。723日ぶりの勝利を挙げるのですが、故障したヒジをかばって投げていた事から、知らず知らずのうちに右肩に負担がかかり、引退するまで右肩痛と戦う事になるのです。

日本シリーズと縁が無かった守護神

赤堀投手が入団一年目の1989年、近鉄バファローズはその前年に起こった「10.19」の雪辱を果たし、リーグ優勝するのですが、入団一年目の赤堀投手は日本シリーズで登板機会は与えられませんでした。
89年の近鉄優勝を伝えるスポーツ紙

89年の近鉄優勝を伝えるスポーツ紙

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 6,089 view
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 11,453 view
マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

マサカリ投法・村田兆治 「昭和生まれの明治男」と呼ばれ、フォークを武器にロッテ一筋で完投にこだわった野球人生でした

ロッテの大投手、マサカリ投法の村田兆治。「サンデー兆治」や「昭和生まれの明治男」と呼ばれました。途中、フォークボールを習得後、更に成績を伸ばしました。最後までロッテで過ごし、完投にこだわりを持った大投手でした。
ひで語録 | 14,217 view
波乱万丈過ぎるプロ野球カズ山本!幻の巨人入りや戦力外通告も経験。ハンデに負けない不屈の男でした!

波乱万丈過ぎるプロ野球カズ山本!幻の巨人入りや戦力外通告も経験。ハンデに負けない不屈の男でした!

カズ山本(山本和範)は南海ホークスや近鉄で活躍したプロ野球選手。難聴のハンデにも負けず、オールスターでのホームランや地元福岡での活躍が記憶に残っています。波乱万丈だった彼の野球人生を振り返ります。
ひで語録 | 26,003 view
巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!

巨人・西本聖。天下一品のシュートを武器に打者を打ち取りまくった負けず嫌いな大投手でした!

西本聖。長嶋監督も天下一品と認めるシュートを用いて、打者を内野ゴロに仕留めていました。巨人時代には江川とWエースの座として活躍。3冠王落合との名勝負もありました。
ひで語録 | 22,549 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト