伝説のボクシングトレーナー エディ・タウンゼント 「OK! Come on Boy!」
2016年11月30日 更新

伝説のボクシングトレーナー エディ・タウンゼント 「OK! Come on Boy!」

力道山に見出され来日。 その大きすぎるボクシング愛で、ハンマーパンチ 藤猛、悲運の天才 田辺清、カミソリパンチ 海老原弘幸、天才パンチャー 柴田国明、和製クレイ カシアス内藤、伝説の男 ガッツ石松、エディの秘蔵っ子 村田英次郎、浪速のロッキー 赤井英和、ハンサムボーイ 友利正、天才少年 井岡弘樹など数々のボクサーを育てた伝説のボクシングトレーナー。 毎年、プロアマを問わず、活躍した、また縁の下の力持ちとして貢献したボクシングトレーナーに対して、「エディ・タウンゼント賞」が送られている。

19,379 view
藤猛 (Paul Fujii)

藤猛 (Paul Fujii)

通常、ボクシングのプロテストはC級ライセンスから受けるが、ポールはアマで100戦以上の実績があるため、いきなりB級を受けパスし、デビューも4回戦を飛ばし6回戦からスタートした。
リングネームは「藤猛」となった。
デビュー戦の相手は、日本ミドル級5位の後藤実。
いきなり日本ランカーだった。
ゴングが鳴った。
飛び出した藤は唸るようなもの凄いフックを放った。
キャリアで勝る後藤は、藤の勢いをうまく凌いだ。
藤の大きなミスブローに、場内に笑いさえ起きた。
1分間のインタバールでエディは藤猛の耳に囁いた。
「ポール、今は殺し屋になるんだ。
ダニを踏み潰すあの気持ちだよ。」
2R、藤は標的を捕え、強烈な左右のフックを叩き込んだ。
後藤の動きが止まり、ゆっくり倒れていった。
2分9秒ノックアウトだった。
「ポールもっと減量しよう。
キミの体ならJウェルターまで落としたほうがいい。
140ポンドがリミットだよ。
やれるか?」
「やれるさ。
ウエイト落としてどんどん稼ぐよ。」
2戦目は、吉田邦夫に判定勝ち。
その後は松永彰夫、三上富士男、吉村則保を連続ノックアウトした。
吉村則保はガードの上からパンチを叩きつけて倒した。
5連勝した後、国内で対戦者がいなくなり、エディとともにホノルルに外旋し、外国人相手に5連勝した。
いつしか「ハンマーパンチ」と呼ばれ、日本Jウェルター級4位にランクされた。
「エディさんは人の心をつかむのがうまい。
ボクサーの特長をつかみ、それを引き出す。
彼はあの通り日本語がうまくないが、それがかえって迫力になっているんですね。
注射するように選手に魂を突っ込む。
お前は強いんだぞってね。
選手は暗示にかかってどんどん勝ち進んでいく。」
(吉村義雄(リキジム会長))
MASTER: 2008年8月アーカイブ (1771802)

1965年6月17日、日本Jウェルター級王者:岡野耕司が、ライト級で世界を狙うためにタイトルを返上、その空位を、笹崎那雄と藤猛が争うことになった。
藤にとって初めてのテレビ放映だったが、ゴングが鳴ると、アッという間に右フックを叩き込んだ。
パンチの自信がある笹崎も迎え撃ったが、藤が打ち勝った。
笹崎はリングに崩れ落ち、必死に立ち上がろうとしたが、左腕をロープにかけたまま膝が麻痺して立てなかった。
わずか45秒でKO劇。
しかも勝った藤猛はいきなり泣き出した。
すべてが電撃的な試合だった。
東洋ジュニアウェルター級タイトルマッチでロッキー・アラ...

東洋ジュニアウェルター級タイトルマッチでロッキー・アラーデ(フィリピン)をKOし、新チャンピオンになった藤猛

1966年9月29日、藤猛は東洋太平洋タイトルへ挑戦した。
王者はロッキー・アラーデ。
藤はデンプシーロールという独特のインファイトスタイルを完成していた。
デンプシーロールは、最強の世界ヘビー級チャンピオン:ジャック・デンプシーのスタイルで、接近戦で頭を8の字を横に倒した軌道に振りながらローリングし、シャベルで土を掬うような左フック、その反動で右フックと間髪入れずパンチを叩きつけ続けるもの。
3R、藤はローリングしてからいきなりフックを叩きつけ、ロッキーは失神した。
藤は喜びを爆発させリングで大きくジャンプした。
世界タイトルへの挑戦もみえてきた。
練習嫌いの藤が目の色を変えて練習に打ち込んだ。
毎朝、青山墓地のアップダウンの激しいコースをを15週走った。
黙々と走り込むことでパンチが鋭くなっていった。

デンプシーロール Dempsey Roll

藤猛 vs サンドロ・ロポポロ 

1967年4月19日、藤猛の対戦相手、世界チャンピオン:サンドロ・ロポポロ が羽田に到着した。
マスコミは藤の敗北を予想した。
藤はこれまで世界レベルの選手との対戦がない上に、ロポポはローマオリンピックの銀メダリストで、そのテクニックは数段上に思われた。
ロポポのボクシングは速くて巧く、パンチも強かった。
それに比べ藤は、動きが遅く、パンチは大振りでスピードもなかった。
試合前日、藤猛はスタッフに聞いた。
「ボク、勝ったらどういえばいい?」
「思いきりバンザイだね。」
「うん、それもうやったよ。
他に何かない?」
「あるよ。
勝っても油断しないために、勝って兜の緒を締めよという言葉がある。」
藤は一生懸命口の中で繰り返した。
「それから日本人はお年寄りを大切にするから、岡山のおばあちゃんに呼びかけたらいいな。」
「OK、やってみるよ。」
藤の祖母は、ハワイから来日したが、体調を崩して、岡山の実家にいた。
試合当日、ジャズが流れる控室で、長いモミアゲに無精髭、和服姿の藤猛はガムを嚊んでいた。
そして1万人の観衆の見守るリングに上がると、赤コーナーでロポポは笑顔を浮かべ挑戦者をみていた。
1R、ゴングが鳴ると藤猛は左右のフックを振り回した。
ロポポは爪先立ちの鮮やかなフットワークで回って、左ジャブで挑戦者の髭面を突き刺した。
藤の渾身の左フックはブロックし、右のボディも空転させた。
「1発も当たらない。」
観客からため息が漏れた。
藤の大きな右のロングフックをロポポはスェーで流し、体がねじれた藤に左ジャブ。
藤は歯を剥き出しにして怒った。
ここでゴングが鳴った。
ロポポはニヤリと笑みを浮かべ、藤は首を振り、肩を怒らせコーナーへ戻った。
テクニックの差は歴然だった。
2R、藤は強引に前に出た。
ロポポはロープに詰まってクリンチ。
藤の左ロングフックはミス。
ロポポは左フックを放つが、藤の返しの右フックがロポポの顔面を右クロスカウンターで打ち抜いた。
ロポポは半回転してダウンした。
藤はニュートラルコーナーに押しやられ歯を剥いている。
カウント5でロポポは立った。
襲いかかる藤のボディがロポポにめり込み、再びダウン。
ニュートラルコーナーで藤は足踏み。
ロポポがまた立った。
藤は狂ったように左右のフックを叩き込んだ。
ロポポはロープを背負い滅多打ちにされた。
ロポポのセコンドがタオルを掴んだままリングに上がり、パンチを浴び続けるロポポの背中にしがみつき右手を振った。
試合放棄のゼスチャーだった。
しかし藤はパンチをやめない。
レフリーが藤を背後からロックして引き剥がし試合をストップした。
2R2分33秒、藤猛のKO勝ち。
エディは藤に駆け寄り、藤はエディに抱きついた。
エディはよろけてキャンバスに崩れ落ちた。
「これがヤマトダマシイよ。
カッテモカブッテモオオシメヨ。
・・・・・
カッテモカブッテモヨ。
岡山のおばあちゃん、みてる?
ボク勝ったよ。
ボク世界チャンピオンになったよ。」

田辺清 21戦無敗、世界1位、世界戦直前に引退

 (1771985)

出典 ameblo.jp
日本フライ級チャンピオン:田辺清がジムで練習をしていると、エディがやってきた。
エディと会うのは初めてだった。
「タナベ、キミの背中にゴミがついているね。」
田辺は自分の背中をみようとした。
エディはニヤニヤしている。
田辺はエディが自分のトレーナーになってくれるということに気づいた。
「よろしくお願いします。」
エディは両手を前に出した。
「OK、タナベ、右ストレート打って。」
田辺はいわれたとおりに右ストレートをエディの左手に打った。
「パンッ!」
エディは首を横に振った。
「今直さない。
後でね。
左アッパー打って。」
「パン!」
「Good」
とエディは背中を向けて体ごと大きく1回転していった。

ローマオリンピック 田辺清

田辺清は、高2でボクシングを始め、高3で全国高校フライ級王者となり、大学1年生でインカレ優勝、2年生で社会人選手権も制し、3年生でローマオリンピックに出場し銅メダルを獲った。
日本ボクシング最初のメダリストだった。
その後、「腹いっぱい食べたい。」と、プロのボクサーにはならずスポーツ新聞社に入社。
しかしリングサイドで取材をしているとイライラした。
ヘタ過ぎるのだ。
結局、就職後、半年も経たずにプロ入りを決意した。
ブランクとなった約1年間は酒を飲み、タバコも吸った。
田辺清は12kg減量し、田辺ジムに入った。
トレーナーはボビー・リチャーズだった。
リチャーズは、ジムの2階の合宿所で、選手らと一緒に住み、綿密なスケジュールを組んでトレーニングを消化していった。
合理主義者で、野菜主体の食事を奨励し、 オーバーワークを嫌い、1日のトレーニング時間は約40分だった。
ボクシングも、ディフェンス重視で、相手に絶対に打たせないスタイルだった。
田辺清は、デビュー後、1年で8試合全勝。
14戦目で、日本タイトル初挑戦し、日本フライ級チャンピオンとなった。
プロデビュー後、たった1年10ヵ月だった。
無敗のまま日本フライ級王座を2度防衛し、世界ランキングも2位となったとき、リチャーズが韓国のジムへ移籍した。
このとき田辺清は世界チャンピオン:オラシオ・アカバロとの対戦が決まっていた。
この試合はノンタイトル戦だが、勝てば正規のタイトルマッチとして挑戦するチャンスがもらえることになっていた。
このためにエディが呼ばれた。
アカバロ戦まで25日間だった。
「構えて!」
田辺はリチャーズの教えの通り ガードを高く、耳の辺りまで上げた。
エディは自分の両手を胸の辺りまで下げてみせた。
「チェンジしよう。
ディフェンス3、オフェンス7にする。
ガード下げるの。
ガード下げるのはパンチのパワーを上げるためなの。」
田辺のボクシングは、ファイタータイプだったが、非力だった。
しかしエディの指導で、恐ろしく攻撃的なボクシングに変貌していった。
元来スピードと連打と闘争心は恵まれていた。
それに力強さが加わった。
世界フライ級チャンピオン:オラシオ・アカバロ

世界フライ級チャンピオン:オラシオ・アカバロ

「ワンポイント!
アカバロは時々サウスポーにスイッチする。
サウスポーになるとすぐに左ストレート打つ。
これ大変よ。
でも大丈夫。
いいアイデアがあります。
アカバロ、オーソドックスのときは、アカバロの左フックをガードするために右を少し上げて顎の横につける。
サウスポーになったら右ガードを顎の下に移すの。
そうすると左ストレートは大丈夫。
やってみよう。
右!」
田辺はサッとガードを顎の横に置いた。
「左!」
田辺は右拳を顎の下に移動させた。
「右」
「左」
エディが叫ぶたびに田辺は右拳を移動させた。

オラシオ・アカバロ vs 田辺清

1966年2月20日、世界フライ級チャンピオン:オラシオ・アカバロと世界フライ級2位、挑戦者:田辺清のノンタイトル戦が後楽園ホールで行われた。
ノンタイトル戦とはいえ、勝てば正式にタイトル戦を行うという契約になっていた。
1R、ゴングと共に田辺は仕掛けた。
アカバロがサウスポーにスイッチしても、右ガードを移動させて完璧にガードした。
3R、田辺は強烈な左フックでアカバロはよろめかせ、右フックでアカバロをダウンさせた。
4R、田辺の右ストレートでアカバロ、2度目のダウン。
終盤にはバッティングでアカバロの額が割れ出血した。
6R、両者、低い姿勢で、再度バッティング。
アカバロは血まみれになり、ここでドクターストップ。
2分22秒、田辺のTKO勝ちが宣告された。
アカバロは、生涯2度目の敗北と共に8年無敗、47連勝がストップした。
そして田辺は22戦無敗と記録を伸ばした。
試合翌日、チャンピオンサイドは、再戦交渉を一方的にキャンセル。
数日後、「5月・東京」という再選契約を反故し、「7月・(アカバロのホームである)ブエノスアイレス」と主張した。
田辺サイドはこれを飲まざる得ず、7月にアルゼンチンのブエノスアイレス・ルナパークで対決と決まった。
 (1772832)

田辺清は、7月に世界挑戦に向け行ったトレーニングキャンプを終え、ホテルのロビーでぼんやりと金魚をみていた。
すると突然、右目でなにか黒いものが舞った。
次の瞬間、右目の3/4がシャッターを降ろしたように暗くなった。
エディがロビーに降りてきた。
「エディさん。
あの金魚は黒いんですか。」
「赤い金魚よ。
何いうの。」
田辺は打ち明けられないまま、新幹線に乗り、自宅へ戻った。
この日は土曜日で病院は休み。
2晩、眠れないまま、月曜の朝、タクシーに飛び乗り、病院に行った。
診察と検査を受けたが医者は何もいわなかった。
受付で待っているとき、カルテを整理している看護婦に聞いた。
「僕の病名は何ですか?」
「あら、網膜剥離よ。」
田辺ジムから連絡を受け、エディはスっ飛んでいった。
そして黙って田辺の説明を聞いて、タバコの箱を握り潰してゴミ箱に叩き込んだ。
田辺は入院し、後日、3時間半に及ぶオペを受けた。
オペ後は絶対安静を申し渡された。
しかし田辺は望みは捨てていなかった。
奇跡を信じ、耐えた。
ベッドの上で動くなといわれたら、ピクリとも体勢を変えなかった。
7月15日のタイトルマッチは延期された。
200 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

赤井英和!!!!!オリンピック日本代表! 破天荒なケンカボクシング! 破格の強打!! デビューから12連続KO!!!奇跡の生還!!! 浪速のロッキー!!!!

赤井英和!!!!!オリンピック日本代表! 破天荒なケンカボクシング! 破格の強打!! デビューから12連続KO!!!奇跡の生還!!! 浪速のロッキー!!!!

知らない人も多いけれど赤井英和は元ボクサー。 アマチュアでは(日本が参加をボイコットしたため幻となったが)モスクワオリンピック代表となり、プロデビュー後は12連続KO勝ちの日本タイ記録。 その強打と超のつく攻撃的インファイトから「浪速のロッキー」といわれた。 初の世界タイトル挑戦はKO負け。 再度、世界に挑戦するための前哨戦、vs大和田正春戦で、意識不明(頭蓋骨クモ膜下血腫および脳挫傷)の重体になった。 奇跡的に命はとりとめたが、ボクシングはできない体になってしまった。
RAOH | 20,309 view
ガッツ石松  伝説の男は幻の右でKOしガッツポーズとってOK牧場

ガッツ石松 伝説の男は幻の右でKOしガッツポーズとってOK牧場

プロテストは2回目で合格。世界チャンピオンになるまで10敗以上。そして層の厚いライト級で世界タイトルを5度防衛。間違いなく偉大なボクサーである。
RAOH | 16,145 view
【24時間テレビ・歴代マラソンランナー】放送内にゴールできなかった人って?

【24時間テレビ・歴代マラソンランナー】放送内にゴールできなかった人って?

24時間テレビのチャリティーマラソン。1992年、間寛平の途中棄権から始まったこのマラソンの歴代ランナーを振り返る!
ヤマダゴロー | 122,035 view
鶴瓶 Ep1  お笑いモンスター 数々の事件と伝説と武勇伝  神か悪魔か 生放送で露出した最強の芸人

鶴瓶 Ep1 お笑いモンスター 数々の事件と伝説と武勇伝 神か悪魔か 生放送で露出した最強の芸人

髪型は、アフロヘアー、短髪、(生え際が後退し)M型、(頭頂部も薄くなり)MO型と変わったが、顔はずっとタレ目で 笑顔。数々の事件を引き起こす「悪瓶」「恵比須顔の悪魔」 人々に笑いと癒しを与えてくれる「神」その突破力はお笑い芸人の中でもトップクラス。鶴瓶のお笑いの罠にはまった者はもう逃れることができない。ずっとファンでいるしかない。
RAOH | 2,420 view
実は喧嘩の寸前までに…。ガキの使い「たたいてさあ何点!?」

実は喧嘩の寸前までに…。ガキの使い「たたいてさあ何点!?」

ゲストをトークの場として迎えるダウンタウン。実は前もって、すね蹴り・キス・目潰しなどに点数を設定し、どれだけバレずに合計点を得ることができるかという勝負企画。計5回の闘いを振り返ります。
nomi | 1,379 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト