小さいおっさんさんの記事

痴漢冤罪を推奨!?おニャン子クラブ『おっとCHIKAN!』今なら放送禁止な歌詞とは…

痴漢冤罪を推奨!?おニャン子クラブ『おっとCHIKAN!』今なら放送禁止な歌詞とは…

おニャン子クラブ全盛期にリリースされた4枚目のシングル『おっとCHIKAN!』。 痴漢冤罪が社会問題になっている現在では不謹慎すぎる歌詞の内容とは?
小さいおっさん | 3,577 view
歌手デビュー曲がいきなり大ヒット!松たか子『明日、春が来たら』

歌手デビュー曲がいきなり大ヒット!松たか子『明日、春が来たら』

月9ドラマ『ロングバケーション』(1996年)でキムタクと共演しブレイク、一気にトップ女優の仲間入りをした松たか子。 翌年に日向大介プロデュースで発売し、異例の大ヒットとなった歌手デビュー曲『明日、春が来たら』について紹介します。
80年代だっていた!『歌って踊れる』アーティストたち

80年代だっていた!『歌って踊れる』アーティストたち

「歌って踊れる」それはアーティストにとって誉ある形容。 歌だけでなくダンスもイケる。その歴史を作り上げた80年代のアーティストたちを紹介。
小さいおっさん | 3,831 view
実は名曲揃い!青春を感じる『ハイスクール!奇面組』アニメ主題歌集

実は名曲揃い!青春を感じる『ハイスクール!奇面組』アニメ主題歌集

フジテレビ系列で放送されていたテレビアニメ『ハイスクール!奇面組』。 秋元康&後藤次利がほとんどの曲を提供し、人気絶頂の「おニャン子クラブ」メンバーによるユニット『うしろゆびさされ組』や『うしろ髪ひかれ隊』が歌う。 見事なタイアップ戦略でヒットを飛ばしまくった。 名曲揃いと言われる『ハイスクール!奇面組』のオープニングテーマとエンディングテーマを当日の懐かしい映像と共に紹介。
小さいおっさん | 4,102 view
斉藤由貴『AXIA~かなしいことり~』男心をえぐる切なく惨い小悪魔ソング

斉藤由貴『AXIA~かなしいことり~』男心をえぐる切なく惨い小悪魔ソング

カセットテープAXIA(アクシア)のCMソング。 癒し系の美声や爽やかなメロディとは裏腹に、男子の心を惨く抉る歌詞。 デビュー間もない斉藤由貴が二股をかけた小悪魔的な女の子の心情を歌った『AXIA~かなしいことり~』について紹介。
小さいおっさん | 4,625 view
『子供達を責めないで』名優・伊武雅刀のエキセントリックな演説ソング

『子供達を責めないで』名優・伊武雅刀のエキセントリックな演説ソング

低く響くバリトンと渋い演技。名優や怪優と呼ばれる俳優・伊武雅刀が1983年に出した『子供達を責めないで』。 歌というより演説風なスタイルと秋元康による斬新で強烈な詞で物議を醸した異色のシングルについて振り返る。
小さいおっさん | 2,119 view
伊武雅刀『飯場の恋の物語』発売初日に回収された幻のパロディソング

伊武雅刀『飯場の恋の物語』発売初日に回収された幻のパロディソング

「アニキの為なら真珠も入れる」度肝を抜く歌詞で同性愛(ホモ)の世界を歌い、発売初日に回収された幻の歌『飯場の恋の物語』。 歌っていたのは若き日の伊武雅刀。渋い演技と重低音ボイスで視聴者を魅了する大御所俳優の意外な過去をご紹介。
小さいおっさん | 3,715 view
懐かしの『ダイヤル電話』が歌詞に登場する歌謡曲&J-POP【12選+1】

懐かしの『ダイヤル電話』が歌詞に登場する歌謡曲&J-POP【12選+1】

あの頃はデートの約束も告白も、そしてケンカや別れも。全て電話が重要な役割を果たしていた。 今では見かけることのなくなった「ダイヤル式電話」が歌詞に含まれている歌謡曲&J-POPを懐かしい動画と共に紹介。
小さいおっさん | 4,265 view
桑名正博『セクシャルバイオレットNo.1』名曲のタイトルと歌詞に込められた野望とは

桑名正博『セクシャルバイオレットNo.1』名曲のタイトルと歌詞に込められた野望とは

1979年の大ヒットソング、桑名正博『セクシャルバイオレットNo.1』。 当時や近年の歌唱動画や、この曲を桑名正博が歌うことになった経緯、タイトルや歌詞に込められた野望や思惑などを紹介。
小さいおっさん | 4,949 view
【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1990~1999年)

【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1990~1999年)

年末の恒例音楽イベントTBS『日本レコード大賞』。B.B.クイーンズ、KAN、米米CLUBから安室奈美恵、GLAYまで日本レコード大賞1990年代の歴代受賞者&受賞曲を動画を交えてご紹介します。
小さいおっさん | 9,009 view
【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1980~1989年)

【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1980~1989年)

年末の恒例音楽イベントTBS『日本レコード大賞』。八代亜紀、寺尾聡から中森明菜、光GENJI、Winkまで日本レコード大賞1990年代の歴代受賞者&受賞曲を動画を交えてご紹介します。
小さいおっさん | 10,335 view
80年代で最も売れた曲、もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』

80年代で最も売れた曲、もんた&ブラザーズ『ダンシング・オールナイト』

1980年4月にリリースされた、もんた&ブラザーズのデビュー曲にして彼らの最大のヒット曲『ダンシング・オールナイト』。80年代オリコンシングル売り上げランキング1位の名曲にまつわるエピソードと、ハスキーボイスで有名なもんたよしのりの活動履歴を紹介。
小さいおっさん | 11,474 view
切なさを感じる冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』

切なさを感じる冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』

90年代に青春を過ごした世代なら、気温が低い夜には今でも口ずさんでしまう冬の定番曲、TRF『寒い夜だから…』。 懐かしい『寒い夜だから…』の動画と共に、この曲が生まれた意外なエピソードや、アンサーソングの存在について紹介。
TM NETWORK屈指の名曲『STILL LOVE HER(失われた風景) 』

TM NETWORK屈指の名曲『STILL LOVE HER(失われた風景) 』

アニメ「シティーハンター2」のエンディングテーマとしても有名なTM NETWORK『STILL LOVE HER(失われた風景) 』。 寂しくも温かい雰囲気のミディアムナンバーで多くのファンから愛され、数多くのTM NETWORK楽曲の中でも上位の人気を誇っている。 今も愛され続けるこの名曲にまつわるエピソードや動画などを紹介。
小さいおっさん | 11,057 view
近藤真彦vs萩原健一!異色の競作対決『愚か者(愚か者よ)』

近藤真彦vs萩原健一!異色の競作対決『愚か者(愚か者よ)』

マッチこと近藤真彦が歌い日本レコード大賞を受賞した曲『愚か者』。 しかし、ショーケンこと萩原健一が同時期に『愚か者よ』というタイトルで同曲をリリースしていた競作であったことはあまり知られていない。なぜ同時期に二人は同じ歌を発表したのか?そこには作詞・作曲をした男たちとの絆が関係していた…。
小さいおっさん | 3,272 view
楠瀬誠志郎『ほっとけないよ』のヒットで知られる癒しのヴォーカリスト

楠瀬誠志郎『ほっとけないよ』のヒットで知られる癒しのヴォーカリスト

透明感のあるハイトーン・ヴォイスで、『ほっとけないよ』『しあわせはまだかい』など気持ちの伝わるストレートなラブソングを世に送り出した。 心から歌が好きだと感じさせる笑顔、爽やかで心をほっこりさせる歌唱。90年代に活躍した癒しのヴォーカリスト・楠瀬誠志郎の歴史と現在を紹介。
小さいおっさん | 2,031 view
忌野清志郎のロックな歌詞アレンジが秀逸な『サン・トワ・マミー』(RCサクセション)

忌野清志郎のロックな歌詞アレンジが秀逸な『サン・トワ・マミー』(RCサクセション)

1988年に発表したRCサクセションのカバーアルバム『COVERS』に収録され、フジテレビ『やっぱり猫が好き』エンディングテーマに使用されるなど人気ソングになった『サン・トワ・マミー』。 原曲は1964年に越路吹雪が歌い大ヒットしたアダモによる名曲である。 忌野清志郎により印象がガラッと変わった歌詞のアレンジ内容や当時の映像をご紹介。
小さいおっさん | 2,925 view
エロエロな歌詞にドキドキ♪ 森川美穂『姫様ズーム・イン』

エロエロな歌詞にドキドキ♪ 森川美穂『姫様ズーム・イン』

『学園祭の女王』森川美穂がまだアイドルだった1986年に発売したシングル『姫様ズーム・イン』。 乱暴な言葉遣いで「姫はじめ」「決めてくれよ今夜」「芯まで熟れているのに」と下ネタをバンバン直球で投げまくる。
小さいおっさん | 1,057 view
秋になると聴きたくなる、小泉今日子『木枯らしに抱かれて』

秋になると聴きたくなる、小泉今日子『木枯らしに抱かれて』

「せつない片思い あなたは気付かない」それまでの元気な『女の子』イメージとの強烈なギャップを示して、小泉今日子がアイドルからアーティストへの階段を上る一段目となった記念すべき楽曲。 作詞作曲はTHE ALFEEの高見沢俊彦。毎年、秋になり冬の訪れを感じ始めると聴きたくなる名曲『木枯らしに抱かれて』にまつわるエピソードや懐かしいキョンキョンの歌唱動画を紹介。
小さいおっさん | 1,543 view
石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

石川ひとみ『まちぶせ』。異例のロングヒットとなったユーミン作詞作曲の名曲

ヒットに恵まれなかった石川ひとみが勝負をかけて11枚目のシングルに選んだ『まちぶせ』。ユーミンが作詞作曲し、1975年には三木聖子が歌ったこの曲を選んだエピソードや、ストーカーっぽい歌詞について当時の動画を交えて紹介。
小さいおっさん | 6,834 view
あの歌もこの歌も。巨匠・小林亜星が作曲したCMソング集

あの歌もこの歌も。巨匠・小林亜星が作曲したCMソング集

TVドラマ「寺内貫太郎一家」では主演を務め、「パッ!とさいでりあ」のCMには自ら出演し、役者やタレントとしても有名な小林亜星。 だが、彼はサントリー「オールド」、明治製菓「チェルシー」、ブリヂストン「どこまでも行こう」、 日立「この木なんの木」等、 次々とヒットCMを作曲したCM界の巨匠である。 意外と知らない?小林亜星が作曲したCMソングをど~んとご紹介。
小さいおっさん | 7,201 view
五輪真弓『恋人よ』悲しい別れから生まれた心を揺さぶる名曲

五輪真弓『恋人よ』悲しい別れから生まれた心を揺さぶる名曲

1980年に五輪真弓(いつわまゆみ)がリリースした、愛する人との切なく悲しい別れの歌『恋人よ』。 奥深く伸びやかな歌声が心に響くこの名曲は、五輪の実体験から生まれていた…。 昭和を代表する名曲が生まれた悲しいエピソードと、五輪真弓本人や有名歌手たちがカバーした『恋人よ』の歌唱動画をたっぷりご紹介。
小さいおっさん | 1,519 view
『キララとウララ』斬新なテクノ歌謡でデビューした美少女アイドル・デュオ

『キララとウララ』斬新なテクノ歌謡でデビューした美少女アイドル・デュオ

メンバーのキララ(大谷香奈子)が小室哲哉の元妻であったことでも知られる美少女アイドル・デュオ『キララとウララ』。 先進的で斬新なテクノ歌謡を打ち出しながら、ブレイクすることなく1986年に解散。 当時は『ピンクレディー2世』と呼ばれ、現在では『昭和のPerfume』と言われる異色のアイドルについて動画&画像による活動詳細と、メンバー二人の現在を紹介。
小さいおっさん | 1,547 view
本田美奈子『1986年のマリリン』大胆な衣装と踊りで話題になったアイドル時代の最大ヒット曲

本田美奈子『1986年のマリリン』大胆な衣装と踊りで話題になったアイドル時代の最大ヒット曲

アイドル歌手・本田美奈子がデビュー二年目に秋元康の協力を得て「和製マリリン・モンロー」と銘打ちイメチェン。 ヘソ出し&ミニスカ衣装や激しく腰を振るセクシーな踊りが話題になって大ヒット。 彼女がアイドル時代に最も輝きを放ったシングル『1986年のマリリン』にまつわるエピソードを当時の画像や動画と共に紹介。
小さいおっさん | 7,197 view
安全地帯の名曲『碧い瞳のエリス』は商品名をタイトルに含めたCMソングとして誕生した…

安全地帯の名曲『碧い瞳のエリス』は商品名をタイトルに含めたCMソングとして誕生した…

心を優しく撫でるような美しい声とメロディー、安全地帯の『碧い瞳のエリス』。 今も愛され続ける名曲だが、実は玉置浩二自身が出演した大王製紙の生理用品『エリエール エリス』のCMソングと誕生した曲であった。 玉置の圧倒的な歌唱力が発揮された貴重動画や懐かしいCM動画と共に名曲の生まれた背景を紹介していく。
小さいおっさん | 1,977 view
150 件