けんさんの記事

【ハイパー脇役列伝】藤田弓子

【ハイパー脇役列伝】藤田弓子

今回の名脇役は女優・藤田弓子です。子供の頃の洗剤のCMで「お母さん」「お母ちゃん」のイメージが定着し、数多くの「お母さん」を演じてきました。若い頃は大胆なヌードを披露してファンを驚かせたり、クイズ番組に出演したりとドラマ・映画以外にもメディアへの露出が多かった藤田弓子の活躍と活動を出演作と共に振り返ります。
けん | 3,275 view
【ハイパー脇役列伝】村田雄浩

【ハイパー脇役列伝】村田雄浩

今回の名脇役は、強面なのに、さえない・不器用そう・どんくさい役柄が非情に多い村田雄浩。田舎から出てきた純朴で泥臭い役をやらせたら右に出る役者さんはほとんどいないんではないでしょうか?若い頃から幅広い役柄を数多くこなし、時代劇でもサスペンスでも、名前のないチョイ役ながらもかなりの存在感がありましたよね!現在、主役級の名脇役として活躍中の村田雄浩の活動を振り返ります。
けん | 3,392 view
【ハイパー脇役列伝】尾美としのり

【ハイパー脇役列伝】尾美としのり

今回の名脇役は子供の頃からまるで一緒に育ってきたかのような親しみを感じる俳優・尾美としのり。人気映画や観たいドラマにはいつも彼が出演していたような気がします。子役からスタートし、現在でも幅広い役柄を器用にこなす名脇役の尾美としのりの活躍を振り返ります。
けん | 3,552 view
【ハイパー脇役列伝】石橋蓮司

【ハイパー脇役列伝】石橋蓮司

今回の名脇役は、その怪しさ満載フェイスで、危ない犯人役やちょっとクセのある医者・教授・刑事など数多くの作品で脇を固めてきた石橋蓮司。安定・安心の名脇役ですよね!映画作品を中心に、彼の素晴らしい演技を見せた活躍・活動を振り返ります。
けん | 3,103 view
【ハイパー脇役列伝】古尾谷雅人

【ハイパー脇役列伝】古尾谷雅人

今回の名脇役は古尾谷雅人。「あれ?あのドラマにも出てたよね?」と、ひとつ作品を振り返るたびに、彼の出演していたドラマや映画が次々に記憶の扉から溢れ出してきます。出演作品・役に対しての愛情やプライドが非情に高かったという古尾谷雅人。45歳で自ら命を絶った名脇役の出演作と活動を振り返ります。
けん | 3,669 view
【ハイパー脇役列伝】高橋ひとみ

【ハイパー脇役列伝】高橋ひとみ

今回の名脇役さんは、泣きボクロがセクスィ~♡な女優・高橋ひとみ!寺山修司にその才能を見出され、「ふぞろいの林檎たち」で知名度を上げた彼女は、数多くの作品で脇を固めてきました。美しさが演技の邪魔をしない数少ない女優さん、高橋ひとみの活動を振り返ります!
けん | 3,820 view
【ハイパー脇役列伝】遠藤憲一

【ハイパー脇役列伝】遠藤憲一

今回の名脇役は、ヤクザ・悪人役が多く、その強面とメヂカラで存在感バツグン!刑事ドラマ・サスペンス作品・時代劇など本当に数多くの作品に出演し実力をつけ、いまや主役級の脇役に成長した俳優・遠藤憲一です。その強面からは想像できないような笑顔が魅力的な名脇役(名悪役)「エンケンさん」こと遠藤憲一の活動を振り返ります!
けん | 8,092 view
【ハイパー脇役列伝】國村隼

【ハイパー脇役列伝】國村隼

今回のハイパー脇役列伝は、いまやドラマ・映画に引っ張りダコの俳優・國村隼。数多くの作品に出演しながらも、名前がない役、30秒足らずの出演シーンを数多くこなして名脇役の土台を築いてきた國村隼の出演作品と共にその素晴らしい活動を振り返ります。
けん | 2,989 view
【ハイパー脇役列伝】力石徹

【ハイパー脇役列伝】力石徹

「あしたのジョー」が週刊少年マガジンでの連載終了から早43年。時を経てなおも愛され語り継がれる男・力石徹。連載当時は知らなくとも、アニメ、映画で激しくハマったのは私だけではないはず!主人公ジョーのライバルで、どちらかというとヒールな役割で、割と早々に死んでしまった力石。何故、彼は私たちを未だに魅了し続けるのでしょう?今回は名脇役の名にふさわしい、力石徹を振り返ってみました。
けん | 3,745 view
【ハイパー脇役列伝】河合美智子

【ハイパー脇役列伝】河合美智子

ベリーショートで健康的なイメージだった河合美智子。映画「ションベン・ライダー」でデビューし、若手実力派女優として、映画・ドラマだけでなく歌手としてもバラエティでも活躍したました。数多い出演作では、しっかりと脇を固める演技と存在感で観る者の記憶に残りました。今回は河合美智子の15歳から現在までの活動を、出演作と共に振り返ります!
けん | 3,647 view
【ハイパー脇役列伝】地井武男

【ハイパー脇役列伝】地井武男

2012年、心不全のため70歳で亡くなった地井武男。彼も昭和から平成にかけての名脇役でしたよね!これでもか!な、冷酷非情な悪役から、優しい見守り系の善人役まで幅広い役柄をこなし、ドラマ・映画の脇役として活躍した地井武男の名脇役ぶりを出演作品と共に振り返ります。
けん | 4,805 view
【ハイパー脇役列伝】あき竹城

【ハイパー脇役列伝】あき竹城

豪快な笑い方、人懐っこい山形弁で、「女優さん」というより身近に感じる親戚のオバサン風な立ち位置のあき竹城。若いときはヌードダンサー♡として活動したこともありました。シリアスな役から明るい隣のオバちゃんまでを幅広くこなし、演技力の高さも定評があります。現在バラエティでも引っ張りだこの名脇役・あき竹城の活躍を振り返ります。
けん | 3,219 view
【ハイパー脇役列伝】捨丸(花の慶次)

【ハイパー脇役列伝】捨丸(花の慶次)

今回の【ハイパー脇役列伝】は、漫画・花の慶次の名脇役、「捨丸」です!花の慶次の中に出てくる脇役は、どのキャラクターも味があり、ほぼ全員が名脇役になりえるくらいなのですが、やはり自称「旦那(慶次)の一の家来」、個人的にも大好きな捨て丸の活躍を振り返りたいと思います。
けん | 7,505 view
【ハイパー脇役列伝】塩見三省

【ハイパー脇役列伝】塩見三省

ハイパー脇役列伝に忘れちゃならない名脇役の1人、塩見三省。ヤクザの幹部から琥珀を磨くオジサンまでと幅広く、強面なんだけど味のある役柄を数多く演じ、舞台・ドラマ・映画で脇を固め盛り上げてきました。2014年に脳出血で休養していましたが、2016年ファン待望の復活を果た名脇役、塩見三省の活動を振り返ります。  
けん | 3,219 view
【小林麻美】最初で最後の主演映画「真夜中の招待状」

【小林麻美】最初で最後の主演映画「真夜中の招待状」

1981年公開の「真夜中の招待状」は当時、絶頂期の人気女優・小林麻美主演。その小林麻美の水着姿や濡れ場が観られる♡とあって映画館は若い男性ファンがいっぱい!そして「エレファントマンを意識した作品」とも言われ話題性十分な映画でした。小林麻美が妖しい美しさと肌を露わにし、ミステリー要素を多分に散りばめた「真夜中の招待状」を懐かしく振り返ります。
けん | 6,696 view
【黒い家】ぶっ壊れた人間に関わってしまった恐怖

【黒い家】ぶっ壊れた人間に関わってしまった恐怖

1999年公開の映画「黒い家」。原作は貴志祐介で、日本ホラー小説大賞を受賞した同名小説の映画化です。この映画には白い着物を着たお化けや、ビデオから髪の長い女が出てきたりはしません。じゃあ何が怖いって?ぶっ壊れた人間ほど怖いものはありません!人の心を持たない家族と関わってしまった主人公の恐怖がとってもリアルな「黒い家」を懐かしく振り返ります。
けん | 19,264 view
【ハイパー脇役列伝】山本理沙(諏佐理恵子)

【ハイパー脇役列伝】山本理沙(諏佐理恵子)

1980年代、大映テレビ制作のドラマで活躍した山本理沙。主役の抜擢はありませんでしたが、ドラマの中で彼女がメインで話が進んでいく話も多く見られました。今回は私たちの大好きだった人気ドラマの脇役として輝いた山本理沙の活動を振り返りたいと思います。
けん | 7,597 view
【修羅雪姫】タランティーノが惚れた!梶芽衣子主演の傑作

【修羅雪姫】タランティーノが惚れた!梶芽衣子主演の傑作

クエンティン・タランティーノ監督がオマージュを捧げ、現在もリメイクが作られ続けているのが納得の、映画「修羅雪姫」は主演・梶芽衣子で1973年に公開されました。白い雪、白い肌を染める鮮血。母の恨みを背負い修羅の道を生きてきた哀しい女・雪の物語を懐かしく振り返ります。
けん | 5,154 view
ショーケンVS木村一八&荻野目慶子「いつかギラギラする日」

ショーケンVS木村一八&荻野目慶子「いつかギラギラする日」

1992年公開の「いつかギラギラする日」は、北海道を舞台に爆破・カーチェイスが繰り広げられるショーケンこと萩原健一主演のアクション映画です。ショーケンと木村一八という筆者の乙女の部分♡を刺激する2人のバトルが観られるとあって、当時映画館に何度も足を運んだ思い出の映画でもあります。荻野目慶子のキレっぷりも最高の「いつかギラギラする日」を懐かしく振り返ります。
けん | 4,262 view
【ハイパー脇役列伝】岸部一徳

【ハイパー脇役列伝】岸部一徳

名脇役と言えば「岸部一徳」も忘れちゃいけない一人ですよね!ヒョロリとしたビジュアルに、表情があまりうかがえないような能面フェイス(失礼?)で怪しさ満点の演技で時には主役を完全にくう勢いです。そんな怪演が魅力の名脇役、岸部一徳の活動を振り返ります。
けん | 4,602 view
シリーズ過激度NO.1「女囚さそり・けもの部屋」

シリーズ過激度NO.1「女囚さそり・けもの部屋」

大人気シリーズ「女囚さそり」の第3弾「女囚さそり・けもの部屋」は、1973年に公開されました。今回の「けもの部屋」は、冒頭からもうショッキングシーンの連続です。過激さでいえばシリーズ最高です。過激ではありますが、さそりの笑顔や涙が観られる筆者のお気に入り作品でもあります。殺された女の恨みも背負い、さそりが静かに復讐していく「けもの部屋」を懐かしく振り返ります。
けん | 15,168 view
【ハイパー脇役列伝】名古屋章

【ハイパー脇役列伝】名古屋章

子供の頃、楽しみに観ていたドラマにはたいてい出演していた気がする名古屋章。独特のセリフ回しと特徴のある笑い方が印象的でした。気のいいオジサンから融通のきかない校長先生まで、親しみのある演技でドラマや映画を盛り上げていましたよね!ミドルエッジ世代がハマリにハマッタ「大映テレビ」製作のドラマにも数多く出演していました。今回は、名古屋章が名脇役として私たちの記憶に残る懐かしい出演作をまとめてみました。
けん | 4,450 view
【ハイパー脇役列伝】比企理恵

【ハイパー脇役列伝】比企理恵

1980年代の大映テレビ制作のドラマに脇役として出演し知名度をグッと上げた比企理恵。「不良少女と呼ばれて」で演じた麻里役が記憶に残る人も多いはず!そう、東京流星会副会長です!ミドルエッジ世代になった私たちが小学生・中学生だった頃の人気ドラマには当たり前のように彼女が出演していたように思います。そんな名脇役・比企理恵の活動を振り返ります。
けん | 3,250 view
【女囚さそり・第41雑居房】梶芽衣子の目力と白石加代子の狂女っぷりから目が離せない!

【女囚さそり・第41雑居房】梶芽衣子の目力と白石加代子の狂女っぷりから目が離せない!

「女囚さそり第41雑居房」は「女囚さそり」シリーズ第2弾として1972年に公開されました。「女囚さそりシリーズ」の特徴は残酷・残虐で、女囚が乱暴され、「いいの?」と戸惑うくらいキャストがバンバン死んで行きます。そして何より主役のさそりが喋らない映画でした。このシリーズ第2弾である「第41雑居房」ではなんと二言しか喋りません。しかしなんの違和感もありません。さそりは目で、行動ですべて決着をつけるのです。筆者個人的にシリーズ最強!の「女囚さそり第41雑居房」を懐かしく振り返ります。
けん | 10,391 view
在日外国人のリアルと恋【月はどっちに出ている】を振り返る。

在日外国人のリアルと恋【月はどっちに出ている】を振り返る。

1993年公開の映画「月はどっちに出ている」は、在日コリアンの忠男と、その周囲の個性的過ぎる在日外国人たち、フィリピン人のホステス・コニーの赤裸々な日常の物語。主演の岸谷五郎はもちろん、フィリピン人女優「ルビーモレノ」という名前を日本人に認知させた作品でもあります。各賞総ナメにしたのが納得の、ルビーモレノの素晴らしい演技、彼女の魅力満載の作品「月はどっちに出ている」を懐かしく振り返ります。
けん | 2,004 view
136 件