ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!
2017年3月17日 更新

ロック史上初の大規模なチャリティー・コンサートを知ってますか?それはバングラディシュ・コンサートです!

1971年8月1日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでジョージ・ハリスンが企画したロック史上初めての大規模なチャリティーコンサートがバングラデシュ・コンサートです。コンサートは大成功を収め、これ以降に行われたライブエイドなどといったチャリティーコンサートに大きな影響を与えています。そして何よりも映画化及びレコード化されたことでジョージ・ハリスンは勿論のこと、エリック・クラプトンやボブ・ディランといった今やレジェンドとなった出演者たちの若かりし頃の演奏が見れることは大きな喜びです!しかし、当時の舞台裏は大変だったみたいですよ。

932 view

The Concert for Bangla Desh

 (1842959)

出典 sordc.com
元ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンの呼びかけで1971年8月1日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれたロック史上初の大規模なチャリティー・コンサート、それが「バングラデシュ・コンサート」です。

シタールの師であるラヴィ・シャンカールからバングラデシュの惨状を聞いたジョージ・ハリスンはバングラデシュ難民救済のためにチャリティー・コンサートを開催したのです。

ザ・ビートルズの最後に発表されたアルバム「レット・イット・ビー」は1970年5月8日のリリースで、法的に解散が認められたのが1971年3月12日ですから、ジョージ・ハリスンはザ・ビートルズの解散直後から早々に行動を起こしたということですね。

Concert for Bangladesh: Month of Giving

バングラデシュ・コンサートは映画化され、ライブ・アルバムにもなりリリースされました。それらの全収益及びコンサートの入場料、別途ジョージ・ハリスンがリリースしたシングル・レコード「バングラデシュ」の売上全額もバングラデシュに寄付されています。
バングラ・デッシュ

バングラ・デッシュ

1971年7月23日にリリースされたジョージ・ハリスン3枚目のシングル。
最高位全米23位、全英10位を獲得。
しかし、金額よりもこのコンサートによってそれまであまり知られていなかったバングラ・デッシュという国の存在が世界中に知られるようになったことに大きな意義があったと言われています。

Performer

ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスン

生誕:1943年2月25日
出身地:イングランド リヴァプール
死没:2001年11月29日(満58歳没)
実験
活動期間:1958年~2001年

My Sweet Lord - George Harrison - Concert for Bangladesh

バングラデシュの惨状を聞いたジョージ・ハリスンは自ら電話をかけ、マジソン・スクエア・ガーデンを押さえ、友人であるエリック・クラプトンやボブ・ディランたちの出演を決めてたとのことです。
「今すぐに僕らは何かをしなくちゃならない」 との切羽詰まった思いから立ち上がったといジョージ・ハリスンですが、そういった姿勢はジョン・レノンから学んだと語っています。

ザ・ビートルズのメンバーからはリンゴ・スターが参加していますが、ジョージ・ハリスンはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、更にはザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーにも電話をかけて参加を要請したとのことです。実現していたらと思うと少し残念ですね。
 (1842970)

写真上段左からラヴィ・シャンカール、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン
下段左からリンゴ・スター、レオン・ラッセル、ビリー・プレストン
ジョージ・ハリスン以外の出演者は、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、クラウス・フォアマン -、ビリー・プレストン、レオン・ラッセル 、リンゴ・スター 、ラヴィ・シャンカル、アリ・アクバル・カーン、アラ・ラカ・カーン、ドン・プレストン、ジェシ・エド・デイヴィス、ジョーイ・モーランド、トム・エヴァンス、バッドフィンガーのピート・ハム とマイク・ギビンズ、カール・レイドル、ジム・ケルトナー、ジム・ホーン、アラン・ボイトラー、チャック・ファインドリー、ジャッキー・ケルソ、ルー・マクレアリー、オリー・ミッチェル、ドン・ニックス、ジョー・グリーン、ドロレス・ホール、クラウディア・リニアー、ジェーニー・グリーン、マーリン・グリーン といった錚々たるメンバーが集結しています。

更にプロデューサーとしてフィル・スペクターまで参加していたとのことです。

このコンサートにおけるジョージ・ハリスンの意図した演奏したスタイルは大所帯のレビュー形式だったこと、会場をおさえてから開催まで一ヶ月しかなかったことなどからコンサートの成功とは裏腹にステージの裏側は混乱を極めていたそうです。

コンサートの目玉であったエリック・クラプトンとボブ・ディランの当時の状況をご紹介しましょう。

Guest Performer_Eric Clapton

エリック・クラプトン

エリック・クラプトン

出生名:Eric Patrick Clap
別名:スローハンド(Slowhand)
生誕:1945年3月30日
出身地:イングランド リプリー
活動期間:1963年~現在
ジョージ・ハリスンの大親友であるエリック・クラプトンは、当時肉体的にも精神的にもどん底にありました。大親友であるジョージ・ハリスンの奥さんとの不倫、理想を追い求めて結成したデレク&ドミノスの喧嘩別れによる解散。それらのショックからロンドンの自宅に引きこもりドラッグ漬けの日々を送っていたのです。
早々に出演は決まっていたものの、最後の最後まで到着が危ぶまれていたため、保険として代わりのリード・ギタリストにジェシ・エド・デイヴィスに参加を要請しています。

エリック・クラプトンはなんとか重い腰を動かし参加することになったため、結局、二人とも参加することになりました。ただ、到着がギリギリだったためエリック・クラプトンは満足にリハーサルをすることもなくステージにあがっています。

George Harrison & Eric Clapton - While My Guitar Gently Weeps

Guest Performer_Bob Dylan

ボブ・ディラン

ボブ・ディラン

出生名:Robert Allen Zimmerman
生誕:1941年5月24日
出身地:アメリカ合衆国 ミネソタ州ダルース
活動期間:1959年~現在
元ザ・ビートルズが凄いコンサートを行うということで、昼夜2回の公演チケットは即日完売しましたが、ボブ・ディランが出演するという噂が流れ始めたのは公演の数日前だったとのことです。
ボブ・ディランは1966年のツアーの後に交通事故を起こして人前から姿を消しており、以降バングラデシュ・コンサートまで僅かに2回しか人前で歌っていませんでした。
久しぶりのライブということで不安になっていたのでしょう。ジョージ・ハリスンに「1万人を前に、どうすればいいんだ?」と問いかけていたそうです。そして、前日のリハーサルでステージ・フライト(舞台恐怖症)を引き起こしてしまったのです。

ジョージ・ハリスンのエレキ・ギター、レオン・ラッセルのベース、リンゴ・スターのタンバリンをバックにアコギで歌うボブ・ディランはどうなったかと言いますと、誰もが不安となるそのステージは奇跡ともいえる素晴らしいものとなりました。特にジョージ・ハリスン、レオン・ラッセルと一緒に1本のマイクで歌う「女の如く」はこのコンサートのハイライトと言ってもいいでしょう。さすがですね。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 6,706 view
生涯わずか2回のツアーしか行わなかったジョージ・ハリスン

生涯わずか2回のツアーしか行わなかったジョージ・ハリスン

ツアー嫌いの名にふさわしく、これだけ知名度もヒット曲があるにもかかわらず、ほとんどツアーに出ることのなかったジョージ・ハリスン。最後のツアーとなったのはここ日本。世界中が羨ましがったことでしょう。
obladioblada | 2,919 view
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,109 view
ジミヘンからスプリングスティーンまでがカバーした日本ではあまり知られていないボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」の聴き比べ

ジミヘンからスプリングスティーンまでがカバーした日本ではあまり知られていないボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」の聴き比べ

サイケの時代にもグラムの時代にも、AORの時代にもパンクの時代にも、グランジの時代にさえもその第一人者からカバーされ続けるボブ・ディランの名曲「見張塔からずっと」。日本では余り知られていないこの曲は、2004年にイギリスの音楽評論家が「デイリー・テレグラフ」で行った「ベスト・カヴァー・ソングTOP50」で堂々の第1位となっているんです。
obladioblada | 486 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 1,568 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト