【川上憲伸投手】「まだ燃え尽きない」常勝軍団ドラゴンズを支えた魂のエース
2016年11月25日 更新

【川上憲伸投手】「まだ燃え尽きない」常勝軍団ドラゴンズを支えた魂のエース

明大からドラゴンズに入団した川上投手は、打者を打ち取った後、気迫を全面に出したガッツポーズを度々みせ、中日のエースとして君臨してゆく。2002年8月1日の対巨人戦でノーヒットノーランを達成するなど輝かしい成績を残した川上投手。だが、彼の球歴は必ずしも順風満帆とは言えなかった…

4,325 view

明大のエースからドラゴンズへ

徳島商業高校時代には、第75回全国高等学校野球選手権大会に4番・エースとして出場し、準々決勝まで進出。その後明治大学へと進学した川上投手は大学でもエースとして活躍。4年時には主将にも選ばれ、リーグ通算57試合に登板し、28勝15敗。大学のベストナインにも3度選ばれるなど大学球界を代表する選手でした。
明治大学時代

明治大学時代

卒業後、川上投手は明治大学の大先輩である星野仙一氏率いる中日ドラゴンズを逆指名。契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という最高級の契約を結びます。
新人入団時の川上投手

新人入団時の川上投手

出典 dragons.jp
同級生で慶應大学の主将だった高橋由伸選手とは大学時代からライバル関係。巨人に入団した高橋選手と川上投手はプロ野球でも名勝負を繰り広げていきます。
高橋由伸選手と

高橋由伸選手と

大きな期待に対して・・・

入団一年目からローテーション入りした川上投手は14勝6敗という好成績を挙げます。ちなみに巨人の高橋選手も打率.300、19本塁打、75打点という大活躍。他にも坪井智哉選手(阪神タイガース)、小林幹英選手(広島東洋カープ)らとハイレベルな新人王争いを川上投手が制したのは、中日を二位に押し上げる貢献度(この年の優勝は横浜)だけではなく、高橋選手を直接対決で 22打数1安打(1本塁打)とほぼ完璧に押さえ込んだ事も関係していると言われています。
※他の3人も他の年では新人王に選ばれていても不思議ではない成績をあげており、川上投手以外の3人は「リーグ特別表彰」を受けています。
1999年の日本シリーズ2戦で勝利

1999年の日本シリーズ2戦で勝利

翌1999年シーズンは8勝どまりでしたが、チームはリーグ優勝。ホークス相手の日本シリーズ第2戦で川上投手は好投。このシリーズでチーム唯一の勝ち星を挙げたことから、敢闘選手賞を受賞しました。ただ、この様に持っている能力の高さは示しながらも、しばらく負け星が上回るシーズンが続いていきます。(1999年8勝9敗、2000年2勝3敗、2001年6勝10敗)

ノーヒットノーラン達成

そうして迎えた2002年シーズン、川上投手は8月1日の対巨人戦でノーヒットノーランを達成します。(1四球のみの準完全試合)。巨人にとっては1987年の近藤真一投手、1996年の野口茂樹投手に続き、またも中日の投手にノーヒットノーランを達成される事となったのです。
ノーヒットノーラン達成

ノーヒットノーラン達成

名実共にドラゴンズのエースに

2004年には、17勝を挙げてチームのリーグ優勝に貢献。西武ライオンズ相手の日本シリーズでも2試合に先発(1勝1敗)し、敢闘選手賞を受賞。この年、リーグ最優秀選手、最多勝、沢村賞など合計9つのタイトルを獲得。以降海外移籍するまで一度も負け越した事はなく、ドラゴンズのエースとよぱれるにふさわしい成績を挙げていきます。

2006年日本シリーズ第1戦

両チームの先発は川上投手とダルビッシュ投手でした。
出典 youtu.be
2006年にも17勝をあげてリーグ優勝に貢献。最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得し、リーグ優勝に貢献。日本シリーズでは、日本ハムに破れて日本一は逃したものの、川上投手は第一戦でダルビッシュ投手と投げあって勝利をあげるなど活躍。2度目の日本シリーズ敢闘選手賞を受賞します。

2007年、ペナントレースでは2位に終わったものの、ポストシーズンで阪神・巨人を倒して日本シリーズに進出。前年に続いて日本ハムとの日本シリーズになりましたが、中日は見事に雪辱。日本一になります。(川上投手は第一戦で敗戦投手になったものの、2被安打3失点と好投)

野手並のバッティングセンス

ちなみに川上投手は打撃にも定評がありました。広い名古屋ドームで右方向に本塁打を放ったこの本塁打は解説者を唸らせます。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【郭源治】闘志あふれる投球が胸を打つ!ドラゴンズ史上に残る「最強助っ投」

【郭源治】闘志あふれる投球が胸を打つ!ドラゴンズ史上に残る「最強助っ投」

在籍16年、最優秀防御率賞1回(1994年)最優秀救援投手賞2回(1987、88年)。MVP1回(1998年)など功績を挙げればきりがない。中日ドラゴンズ史上に残る外国人助っ人、郭源治(かくげんじ)投手の球歴を改めて振り返ります。
和尚 | 6,623 view
【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター

【テリー・ブロス】テスト入団から這い上がったノーヒッター

長身から投げ下ろす速球と親指と人差し指ではさむ独特のフォークボールを武器に1995年のヤクルトスワローズの日本一に貢献したテリー・ブロス投手の球歴と彼が最も活躍した1995年シーズンを振り返ります
和尚 | 2,707 view
【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

「プロ野球珍プレー・好プレー集」で何度もお茶の間を釘付けにした宇野勝。彼は遊撃手(ショート)として初めて40本塁打を記録した大打者であり、抜群の守備センスを持った類い希なる名遊撃手。にもかかわらず、ついにあだ名はヘディング男。「宇野ヘディング事件」きっかけで「プロ野球珍プレー・好プレー集」番組が生まれてしまったことが、宇野勝選手の悲劇だったのかもしれません。
青春の握り拳 | 17,703 view
1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年、セリーグ覇者となった中日ドラゴンズ(日本シリーズでは西武ライオンズに惜しくも敗退!)。この年、たしかにナゴヤ球場はアツかった。連日のようにドラキチが集まり、猛烈に声援を浴びせまくった年だった。「燃えよドラゴンズ!82」のテーマソングにあわせて、アナタにも遠い夜空から龍の叫びが聞こえたのではないだろうか。
青春の握り拳 | 7,647 view
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 11,992 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト