obladiobladaさんの記事

人肉嗜食と酒池肉林、乱交に拷問。これでもかというぐらいの背徳を画面いっぱいに叩きつけた「サテリコン」

人肉嗜食と酒池肉林、乱交に拷問。これでもかというぐらいの背徳を画面いっぱいに叩きつけた「サテリコン」

おぞましいことこの上ありません。少年狩り、男同士の結婚、両性具有の神の子、人肉嗜食、酒池肉林、乱交や拷問などありとあらゆる古代ローマのデカタン的世界を最盛期のフェデリコ・フェリーニ監督が眩いばかりの映像美で描き切った名作「サテリコン」。必見でしょう。
obladioblada | 1,636 view
「アサー」と「鼻血ブー」で70年代のギャグ漫画シーンを塗り替えた、天才・谷岡ヤスジが描く「ヤスジのメッタメタガキ道講座」

「アサー」と「鼻血ブー」で70年代のギャグ漫画シーンを塗り替えた、天才・谷岡ヤスジが描く「ヤスジのメッタメタガキ道講座」

70年代、エロ漫画の概念をあっけらかんと少年誌に持ち込んだ谷岡ヤスジ。まさに天才です。登場人物のムジ鳥が言う「アサー」や「鼻血ブー」は流行語となり、ギャグ漫画界に一大旋風を巻き起こしました。その記念碑的な作品「ヤスジのメッタメタガキ道講座」をご紹介します!
obladioblada | 194 view
人妻・園子と若く美しい光子の同性愛描写がエロチックな「卍(まんじ)」。演じるのは若かりし頃の岸田今日子と若尾文子

人妻・園子と若く美しい光子の同性愛描写がエロチックな「卍(まんじ)」。演じるのは若かりし頃の岸田今日子と若尾文子

若く美しい光子と人妻の園子の同性愛を軸に、園子の夫の幸太郎、そして婚約者の栄次郎を含め、泥沼の4画関係を描いた「卍」。原作はあの谷崎潤一郎。演じた若かりし頃の岸田今日子と若尾文子があまりにも魅力的です!
obladioblada | 1,144 view
ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズの名付け親であり、初代リーダーであったブライアン・ジョーンズ。初期のローリング・ストーンズにおいてはミックやキースよりも目を引く存在でした。素敵なのはファッション・センスだけではなく、天才的な閃きでサイケデリック期のローリング・ストーンズに花を添えています。
obladioblada | 563 view
27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちが入る「27クラブ」というものをご存じですか?

27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちが入る「27クラブ」というものをご存じですか?

偶然で済ましてしまうには余りにも多くのミュージシャン・アーティストが27歳でなくなっています。医学的な、もしくは科学的な根拠はありませんが、不思議です。そうした27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちの一覧、それが27クラブです。現在までに特定されているメンバーは実に61名。皆すばらしい才能の持ち主ばかりです。
obladioblada | 1,658 view
博多っ子という言葉を定着させた名作「博多っ子純情」。漫画を忠実に再現した映画も秀逸ですよ。

博多っ子という言葉を定着させた名作「博多っ子純情」。漫画を忠実に再現した映画も秀逸ですよ。

今でこそアジアの玄関口と言われ注目されることも多い福岡ですが、博多っ子純情が連載されていた70年代は只のいち地方都市に過ぎませんでした。博多っ子という言葉もこの漫画からで、原作者の造語です。博多っ子のバイブルであり、伝説ともなっている博多っ子純情を見ると福岡のことがよく分かるりますよ。
obladioblada | 425 view
パンクの女王“パティ・スミス”の成功の陰には、天才カメラマン“ロバート・メイプルソープ”の存在があった!

パンクの女王“パティ・スミス”の成功の陰には、天才カメラマン“ロバート・メイプルソープ”の存在があった!

1967年の夏、才能以外には何もなかったパティ・スミスとロバート・メイプルソープはニューヨークで出会い恋に落ちます。それから10年後にはパンクの女王と呼ばれるようになるパティ・スミスですが、その間、ロバート・メイプルソープは彼女を励まし続けます。そして、自身もカメラマンとして成功した直後に悲劇が訪れることに。愛と友情に満ちた2人の青春を綴ります。
obladioblada | 913 view
サイモン&ガーファンクル解散から2人の充実したソロ活動、そして奇跡の再結成までをまとめてみました!

サイモン&ガーファンクル解散から2人の充実したソロ活動、そして奇跡の再結成までをまとめてみました!

数々のヒット曲を世に送り出し、惜しまれながら1970年に解散してしまったサイモン&ガーファンクル。ポール・サイモンとアート・ガーファンクルはその後も素晴らしい活動を続けるのですが、2人は犬猿の仲となり別々の道を歩みます。解散から2人が5年後に奇跡の復活を遂げるまでをまとめました。
obladioblada | 307 view
エリック・クラプトンが在籍したクリームという伝説のバンド。ロック界にツー・バスを持ち込んだのは彼らだ!

エリック・クラプトンが在籍したクリームという伝説のバンド。ロック界にツー・バスを持ち込んだのは彼らだ!

もうすっかりソロ・アーティストのイメージが付いているエリック・クラプトンですが、彼が在籍していたクリームというバンドはツー・バスと呼ばれる2つのバスドラムを使用した演奏方法をロック界に持ち込んだことでも知られています。伝説のバンド、クリームを振り返ってみます!
obladioblada | 484 view
ロックにおいて必要最小限のメンバー構成とされている3ピース。たった3人で素晴らしい音楽を奏でるバンドをご紹介します

ロックにおいて必要最小限のメンバー構成とされている3ピース。たった3人で素晴らしい音楽を奏でるバンドをご紹介します

3人のメンバーが、ギター、ベース、ドラムスをそれぞれ演奏し、そのメンバー中からボーカルを兼ねている場合が多い3ピース。ロックバンドとしては最小編成といえます。たった3人なのですが、今も昔もこの3ピースという形態には素晴らしいバンドが多いのです。
obladioblada | 2,385 view
モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!

モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!

1964年のロンドン、モッズの青年ジミー・クーパーを主人公とした1979年の映画「さらば青春の光」。公開当時、モッズのリバイバルブームを巻き起こし、今ではモッズのバイブルとも言われる映画です。しかし、その内容はタイトルに反して暗い。光というよりもむしろ影。それもそのはず、原題は「Quadrophenia」、邦題とは全く違うものなのでした。
obladioblada | 712 view
カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

1936年のシカゴを舞台にした映画「スティング」。主人公はなんと詐欺師です。この詐欺師たちが詐欺師を詐欺にかけるという何とも詐欺な映画です。どんでん返しの連続に目を離すことができないエンターテインメントそのものといった感じの映画で、アカデミー賞を7部門も獲得している名作中の名作です。
obladioblada | 373 view
最近、注目を集めているのかいないのか、よく分からない杉浦茂のゆるキャラ以前のキャラクターたち

最近、注目を集めているのかいないのか、よく分からない杉浦茂のゆるキャラ以前のキャラクターたち

ゆるキャラがブームになる遥か以前から杉浦茂の作り出すキャラクターは既にゆるかった!あまりにもゆるく、奇想天外。杉浦茂がその想像力の全てを出し切って作り上げた何も考えていないようなキャラクターたち。そのキャラクターが最近人気なんだとか、そうではないのだとか。ゆる~く流行っているみたいですよ。
obladioblada | 1,033 view
いかにもアメリカンな青春映画「グローイング・アップ」は、実はイスラエル映画なんですよね。

いかにもアメリカンな青春映画「グローイング・アップ」は、実はイスラエル映画なんですよね。

70年代後半から80年代後半まで10年におよびシリーズ化された映画「グローイング・アップ」。ご機嫌なロックンロールにのって高校生の青春を描き出し世界的に大ヒットしました。いかにもアメリカンなこの映画、実はイスラエル映画なんです。ちょっとエッチでおバカな3人組が最高なのですが、こういった若者心理は全世界共通ということなのでしょうね。
obladioblada | 639 view
泣ける!カリスマ的人気を誇る“つげ義春”の現在のところ最後の短編集「無能の人」をまとめてみました!

泣ける!カリスマ的人気を誇る“つげ義春”の現在のところ最後の短編集「無能の人」をまとめてみました!

これは泣けます!「無能の人」は1985年から連載されたつげ義春のシリーズ作品です。メジャー誌であまり作品を発表していませんので、知る人ぞ知ると言った存在のつげ義春ですが、圧倒的なカリスマ的人気を誇っています。その理由が「無能の人」を読んでもらうときっと分かると思いますよ。
obladioblada | 1,310 view
サーフィンを愛する人に。青春を、友情を、人生を愛する全ての人々に贈る映画“ビッグ・ウェンズデー”

サーフィンを愛する人に。青春を、友情を、人生を愛する全ての人々に贈る映画“ビッグ・ウェンズデー”

出会いがあり、別れがある。人生とはそうしたものなのかもしれません。楽しみがあり、苦しみもある。でも、いえ、だからこそ人生は素晴らしいのだと「ビッグ・ウェンズデー」は教えてくれます。この映画はただのサーフィン映画ではありません。サーフィンを通して青春を友情を人生の素晴らしさを教えてくれる最上級の映画なのです。
obladioblada | 740 view
訳の分からないマイルス・デイヴィスの ビッチェズ・ブリューは何故こんなにも称賛されるのか?

訳の分からないマイルス・デイヴィスの ビッチェズ・ブリューは何故こんなにも称賛されるのか?

フュージョンというジャンルを確立したアルバムと言われるマイルス・デイヴィスの 「ビッチェズ・ブリュー」。マイルスの代表作ということだけではなく、ジャズを代表する作品としても評価されています。しかし、ジャズに関心がない方がはじめて「ビッチェズ・ブリュー」を聴くと「理解できない」「退屈」という意見が多くをしめます。では何故こんなにも称賛されるのでしょう?
obladioblada | 565 view
彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

愛が止まらないとでもいうのでしょうか?それとも単に自己顕示欲の現れでしょうか?彼女が出来ると、結婚するとパートナーを自身のアルバム・ジャケットに使うミュージシャンは後をたちません。愛の結晶ともいえる2ショットで収まっているカップル・ジャケットを集めてみましたよ。
obladioblada | 373 view
70年代に突然ブームを巻き起こしたシンガーソングライターたち。メロディのはっきりしたナイーブな曲は今の時代にもピッタリです。

70年代に突然ブームを巻き起こしたシンガーソングライターたち。メロディのはっきりしたナイーブな曲は今の時代にもピッタリです。

自作自演のミュージシャンは古くからいましたが、シンガーソングライターという言葉は70年代になってから作られました。70年代初頭に突然巻き起こったシンガーソングライター・ブームの先駆けであるジェームス・テイラーをはじめ、70年代のシンガーソングライターを代表する美しい楽曲をご紹介します!
obladioblada | 1,370 view
映画からファッションを知ろう。ファッション・デザイナーの映画をいろいろ集めてみました!

映画からファッションを知ろう。ファッション・デザイナーの映画をいろいろ集めてみました!

ファッションに興味がある人必見の映画を集めてみました。いえ、興味がなくても観ると思わず引き込まれること請け合いです!世界的なファッション・デザイナーは、みんな個性が強く波乱に富んだ人生をおくっていますからねぇ。華麗な世界とその舞台裏を知ることができます。
obladioblada | 204 view
シルビア・クリステル主演のセクシー映画「プライベイト・レッスン」。リメイク版で主役を務めたのはSMAPのあの人!

シルビア・クリステル主演のセクシー映画「プライベイト・レッスン」。リメイク版で主役を務めたのはSMAPのあの人!

「プライベート・レッスン」は、シルヴィア・クリステル演じるメイドが15歳の少年に“性の個人レッスン”を施すという「お色気青春コメディ映画」です。で、この映画のリメイク版が1993年に日本で制作されたのですが、主役の少年を演じたのがSMAPのあの人。比較すると面白いですよ!
obladioblada | 3,576 view
人気がないのは分かってます。でも、1人でも多くの人にJAZZを聴いてほしいんです。ブルーノートを!

人気がないのは分かってます。でも、1人でも多くの人にJAZZを聴いてほしいんです。ブルーノートを!

ジャズに人気がない原因のひとつは「ジャズは難しい」という先入観があるからではないでしょうか?!ジャズにはブルーノートという多くの名盤をリリースしている素晴らしいレーベルがあります。中でもマイルス・デイヴィスのトランペットが冴える「枯葉」はこれからジャズを聴こうという方には最高です。ブルーノートとマイルス・デイヴィスのちょっといい関係、ご紹介します。難しくはありませんよ!
obladioblada | 600 view
人は誰でも恋におちる。映画「恋におちて」、ここで描かれている恋をゲス不倫と呼んでいいものだろうか?

人は誰でも恋におちる。映画「恋におちて」、ここで描かれている恋をゲス不倫と呼んでいいものだろうか?

恋におちて」は切ない大人のラブストーリーです。純愛と言ってよいでしょう。だた、この映画は不倫をテーマにしていますからはたして純愛とよんでいいのやら?!かと言ってゲス不倫の一言ではかたずけられない、そんな大人のファンタジーです。
obladioblada | 297 view
永遠の名作「長いお別れ」の映画化「ロング・グッドバイ」の名探偵フィリップ・マーロウは一味違うんです

永遠の名作「長いお別れ」の映画化「ロング・グッドバイ」の名探偵フィリップ・マーロウは一味違うんです

「長いお別れ」といえば、「ギムレットには早すぎるね」の名セリフで有名ですが、映画化された「ロング・グッドバイ」にはこのセリフは出てきません。そして、ボギーをはじめとして何人もの役者が挑んだ名探偵フィリップ・マーロウも異色といってよいでしょう。何というか煙草ばかりふかしてダラダラしています。しかし、しかしです。そこがカッコいいのです。真夜中にキャットフードを求めてうろつく姿がこの上なくカッコよく見えるのです。ハードボイルドという男の世界をぜひ女性にも味わってもらいたいです。
obladioblada | 401 view
70年代の青少年の心を鷲掴みにした「青い体験」。胸騒ぎするパンチラシーンは極めて珠玉。

70年代の青少年の心を鷲掴みにした「青い体験」。胸騒ぎするパンチラシーンは極めて珠玉。

パンチラシーンのある映画は星の数ほどありますが、「青い体験」のそれは極上も極上!年上の女性へのあこがれ、性への興味といった青少年の揺れ動く心情をとても上手く表現しています。深夜に隠れてこっそり観るのにふさわしいエロティックコメディの傑作です。
obladioblada | 101,380 view
188 件