こじへいさんの記事

美少女に心奪われる昔の名作洋画特集

美少女に心奪われる昔の名作洋画特集

幼女好きでも、ロリコンでも断じてなく、まっとうに成人女性が好き…。でも観ていると次第に心惹かれ、危うくそっちの趣味に目覚めてしまいそうになるほど、見目麗しい美少女が登場する映画があるものです。そこで今回、魅惑の美少女が活躍する名作洋画をいくつかセレクトし、紹介していきたいと思います。
こじへい | 8,306 view
クセが強すぎる!個性的だったプロ野球のピッチャーの投法

クセが強すぎる!個性的だったプロ野球のピッチャーの投法

プロ野球のピッチャーが皆、同じフォームだったら面白くありません。オーバースロー、サイドスロー、サブマリン…さまざまな型があり、その中でも多彩な違いがあるから、個性があって見る者を惹きつけるのです。ということで今回、プロ野球の投手で、あまりにも異端だった投球フォームの選手をピックアップし、紹介していきたいと思います。
こじへい | 21,034 view
クセが強すぎる!個性的だったプロ野球のバッターの打法

クセが強すぎる!個性的だったプロ野球のバッターの打法

スポーツには理想的な身体の使い方というのがあります。野球にしても同じで、美しい模範的なフォームを習得すれば、速い球が投げられるし、的確な打球を飛ばせるものです。しかし、中には変則的なフォームを独自開発し、プロの世界で一定の成果を挙げる個性派なプレイヤーも。今回はそんな個性的なバッティングスタイルで活躍したプロ野球の選手たちをピックアップし、紹介していきます。
こじへい | 16,387 view
映画・漫画・ゲームなどに登場した「蟷螂拳」の使い手を集めてみた!

映画・漫画・ゲームなどに登場した「蟷螂拳」の使い手を集めてみた!

カマキリの闘法を模倣して生まれたとされる拳法「蟷螂拳」。この拳法は、これまでに多数の映画・漫画・格闘ゲームなどで披露され、多くの少年たちの中二病心をくすぐったものです。そこで今回、フィクション作品に登場した蟷螂拳の使い手たちには、どんな人物がいたのかを調べてみました。
こじへい | 3,160 view
“小室哲哉の腰腰巾着”とも揶揄された「久保こーじ」の現在は…

“小室哲哉の腰腰巾着”とも揶揄された「久保こーじ」の現在は…

「絵に描いたような小室の腰巾着」…。かつて、伝説のコラムニスト・ナンシー関からそう評された男がいます。男の名前は久保こーじ。TKブーム全盛期、いつも師匠・小室の傍らに付着し続けてきた男の軌跡と現状をお伝えします。
こじへい | 9,415 view
バック・トゥ・ザ・フューチャー以外何に出てるの?マイケル・J・フォックス、全盛期の出演映画を調べてみた!

バック・トゥ・ザ・フューチャー以外何に出てるの?マイケル・J・フォックス、全盛期の出演映画を調べてみた!

不朽の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティ・マクフライをつとめた俳優といえば、ご存じ、マイケル・J・フォックスです。あまりに同作の印象が強すぎる彼ですが、BTTF以外には一体、どんな作品に出ていたのでしょうか?ということで今回、マイケル・J・フォックスが全盛期に主演していた映画及びドラマを調べてみました。
こじへい | 3,807 view
ビックバン打線?いてまえ打線?80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線

ビックバン打線?いてまえ打線?80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線

プロ野球の歴史の中で記憶に残る選手、記憶に残る試合があるように、記憶に残る打線もあるものです。とにかく強力なクリーンナップがいたり、下位打線に強打者が控えていたり、アベレージヒッターをズラリと並べていたり…。そんな個性豊な打線は時として愛称で呼ばれていたりもしました。ということで今回、80~90年代にニックネームで呼ばれたプロ野球の打線を振り返っていきたいと思います!
こじへい | 5,074 view
小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉といえば、80年代中頃~後半にTMネットワークとして活動をしていたことで知られていますが、同時期にさまざまなタレントへ楽曲を提供する作曲家としても大いに活躍していました。今回はそんなTKが83年~86年に手掛けた提供楽曲を紹介していきます。
こじへい | 3,617 view
30年の歴史に幕…『とんねるずのみなさんのおかげでした(です)』重大事件を振り返る

30年の歴史に幕…『とんねるずのみなさんのおかげでした(です)』重大事件を振り返る

2018年3月をもって、『おかげです』時代から数えて約30年の歴史に幕を閉じることが決まっている『とんねるずのみなさんのおかげでした』。今回は、この長きに渡って続いたとんねるずの看板番組における、重大事件の数々を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 9,819 view
ちびまる子ちゃんでフューチャーされた昭和スターをまとめてみた!

ちびまる子ちゃんでフューチャーされた昭和スターをまとめてみた!

ちびまる子ちゃんの舞台といえば、1974年から1975年にかけての静岡県清水市。そのため、同時代を生きた人ならば「分かる!」と思えるような小ネタの宝庫だったりします。中には、当時活躍したスターもたくさんフューチャーされていたりもするのです。
こじへい | 4,940 view
HRが量産されて当然?昔のプロ野球の球場の広さを調べてみた

HRが量産されて当然?昔のプロ野球の球場の広さを調べてみた

王貞治や野村克也が本塁打を量産できたのは、球場が狭かったからだ!…プロ野球好きの間でそんな話をよく聞きます。では、今はなき昭和の球場は、具体的にどれくらいの広さだったのでしょうか?今回、いくつかピックアップして調べてみました!
こじへい | 26,723 view
ぼうけんのしょはきえてしまいました…ゲームのトラウマシーン特集

ぼうけんのしょはきえてしまいました…ゲームのトラウマシーン特集

楽しいはずのゲーム。その弾む心を突如として打ち砕く、恐怖や衝撃を覚えるワンシーン。時として、その時に見た映像・聴いたBGMは心に深く刻まれて、トラウマ化する場合もあったりします。今回は、そんなゲームにおけるトラウマシーンを集めてみました。
こじへい | 2,239 view
ほとんど失敗?!アントニオ猪木が起こしたサイドビジネス特集

ほとんど失敗?!アントニオ猪木が起こしたサイドビジネス特集

プロレス界で数々の伝説を残した偉大なる男・アントニオ猪木。その豪快な生き様を語る上で欠かせないのが、彼の手掛けてきたさまざまなビジネスです。そのほとんどが失敗であり、時に数十億円もの借金を拵えながら、果敢にあれこれ手を出していったその軌跡を振り返っていきます。
こじへい | 6,903 view
株で儲けて愛人を囲えるファミコンソフト『松本亨の株式必勝学』

株で儲けて愛人を囲えるファミコンソフト『松本亨の株式必勝学』

「さんまの名探偵」「高橋名人の冒険島」など、昔流行った有名人の名を借りたファミコンソフト。その中に『松本亨の株式必勝学』という異色のタイトルがありました。バブル絶頂期に発売され、株や不動産、中国ファンドで儲けて、さらには愛人まで囲えるというバブリー過ぎるその内容に、迫っていきたいと思います。
こじへい | 1,616 view
1991年CMランキング上位のタレントを振り返ってみた!

1991年CMランキング上位のタレントを振り返ってみた!

テレビCMは時代を映す鏡であり、その時々の芸能界における流行を知ることができます。今回は 湾岸戦争が勃発し、横綱・千代の富士が引退し、ジュリアナ東京がブームとなった1991年のCMランキングを振り返っていきます。
こじへい | 3,710 view
ゲームを楽しくするスグレモノ!…スーファミ周辺機器たち

ゲームを楽しくするスグレモノ!…スーファミ周辺機器たち

子供時代、夢中になって遊んだスーパーファミコン。この遊びをさらに楽しいものにしてくれたのが、多種多様な周辺機器でした。今となっては、多くの人にとって過去のものとなっているであろう懐かしの「名わき役」の数々を今回、紹介していきたいと思います。
こじへい | 2,610 view
ベンゲルにスコラーリ…。Jリーグで指揮した意外な外国人監督

ベンゲルにスコラーリ…。Jリーグで指揮した意外な外国人監督

来年で誕生から25年を数えるJリーグ。その長きに渡る歴史を振り返ると、「えっ、この人も監督してたの?」と驚くような過去の名選手や欧州・南米で活躍する名将が指揮をとっていたりするものです。そこで今回、Jリーグで指揮官をつとめていた意外な外国人監督を紹介していきます。
こじへい | 669 view
伝説の興行師で、テリー伊藤の師匠「康芳夫」とは?

伝説の興行師で、テリー伊藤の師匠「康芳夫」とは?

漫画『20世紀少年』に登場する万丈目胤舟のモデルになり、演出家テリー伊藤が師匠と崇拝する男・康芳夫。国際ネッシー探検隊を組織し、二足歩行チンパンジー・オリバー君を来日させ、アントニオ猪木対モハメド・アリを実現させた凄腕興行師の実像に迫ります。
こじへい | 1,167 view
80~90年代に売られていた幻のスナック菓子たち!

80~90年代に売られていた幻のスナック菓子たち!

子供の頃、夕飯前にお母さんからダメだと言われているのに、ついつい食べてしまっていたスナック菓子。大人になった今でも、愛してやまない方は多いでしょうが、ふと、コンビニやスーパーの陳列棚を見て「そういえばあのお菓子って見なくなったな…」と思うものも、いくつかあったりすることでしょう。そこで今回、80~90年代に売られていた幻のスナック菓子を、いくつか紹介していきたいと思います!
こじへい | 11,176 view
あの有名人の意外な名付け親とは?…芸能界ゴッドファーザー列伝!

あの有名人の意外な名付け親とは?…芸能界ゴッドファーザー列伝!

芸能人にとって、自らの浮沈にかかわる大事な「芸名」。自らつけた人もいれば、事務所のお偉いさんに付けてもらった人もいることでしょう。中には、意外な有名人がその命名に関わっているなんていうことも…。ということで今回、「芸能界ゴッドファーザー列伝」と題して、タレントの名付け親になった意外な有名人ついて特集していきます!
こじへい | 2,102 view
三浦友和の無重力セックスシーンも!映画「さよならジュピター」

三浦友和の無重力セックスシーンも!映画「さよならジュピター」

ハリウッドに大きく溝を開けられ続けている和製SF映画。そんな状況を打破すべく、1984年、SF界の巨匠・小松左京氏が立ち上がります。そして完成した映画が『さよならジュピター』です。 「超本格SF宇宙巨編」を志向しながら、なぜかネタ要素満載なカルト映画化してしまった同作について紹介していきます!
こじへい | 7,064 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 1,947 view
ニュー・ウェイヴ系の発信源になった「カセットブック」を振り返る

ニュー・ウェイヴ系の発信源になった「カセットブック」を振り返る

かつてカセットテープが、音声メディアの主役だった時代がありました。そんな時世柄もあって登場したのが「カセットブック」。レコード会社の管轄外のため、自由な表現活動を展開できるとして、ニュー・ウェイヴ系ミュージシャンの作品発表媒体としても機能した、この時代を象徴する商品を、この度、紹介していきたいと思います。
こじへい | 637 view
利用終了(予定を含む)になった交通機関のカードを集めてみた

利用終了(予定を含む)になった交通機関のカードを集めてみた

今や当たり前となった、交通機関における、Suica・PASMOの利用。しかし、これらサービスが開始される前はさまざまなプリペイドカードが財布の中に入っていたものです。そこで今回、懐かしの交通機関専用カードをいくつか取り上げて紹介していきます!
こじへい | 733 view
ぜんまい式のゲーム&ウオッチ!?テクノボーイとは?

ぜんまい式のゲーム&ウオッチ!?テクノボーイとは?

80年代初頭、一大ブームを巻き起こしたゲーム&ウオッチ。定価5,800円とちょっと高価だった同商品に対抗して(?)、トミーから『テクノボーイ』という類似品が発売されたのをご存知でしょうか?電池ではなく「ぜんまい」を動力とした、このアナログ版ゲーム&ウオッチについて今回調べてみました。
こじへい | 1,873 view
208 件